So-net無料ブログ作成
検索選択

熊本地震みたいな災害があったからって、「ただ自粛する」からなんか批判されるんでないのかな? [ニュース読んでみて]

2016年4月17日のサンケイスポーツ、「尾木ママ、民放の自粛ムードに持論『あまりにも当然!』」という記事です。

記事をざっくりまとめると、こんなかんじ。

“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(69)が17日、自身のブログを更新。熊本地震の発生以後、民放が自粛ムードにあることについて「あまりにも当然!」と持論を展開したそうです。

・熊本地震発生以降、バラエティ番組等が放送を自粛した。
・尾木ママ“→番組自粛”という対応は「人として豊かな心遣いではないでしょうか」
・“ホリエモン”→→自身のツイッターで「熊本の地震への支援は粛々とすべきだが、バラエティー番組の放送延期は全く関係無い馬鹿げた行為。人のスケジュールを押さえといて勝手に何も言わずキャンセルするとはね。アホな放送局だ」
・ACミランの日本代表FW本田圭佑→「様々な分野で自粛のニュースを目にしますが僕は自粛するのは間違ってると思います」


へー。


その、俺自身は大きな地震とかで被災した、とか、避難所で何日も暮らした、みたいな経験はありません。
なので、被災した人はこう思っていると思う、みたいなことを、俺の薄っぺらな想像力で言う、ってことは口が裂けてもできません。

その前提で、今回の記事を読んでの、自粛ムードについて考えてみたことを書きたいのですけど。

自粛することは人としての気遣い、という尾木ママと、しょうもない放送局だ、というホリエモンや、自粛は間違っていると思うという本田選手。
まぁ、どっちも間違ったことを言っているとは思わないのですが。

結局その、自粛したら自粛したなりの理由というか、なんらかのアクションを起こすべきなんじゃないかな、と思うんですね。

しょうもないバラエティの放送を延期する、それはそれで一つの選択だと思うし、大きい地震があったからと言っても、いつも通り、ということを意識して、いつも通りのバラエティを流す。それはそーゆー考え方なのかな、と。

ただ、延期する場合はね、明確な意思を持って延期するのか、怒られるのが嫌だから延期するのか、という二通りがあると思うんです。
怒られるのが嫌だからバラエティの放送を延期する、ふざけてると怒られるから、バラエティをやめて被災地の報道番組を流す、みたいなことをするから、自粛ふざけるな、みたいな意見が出てくるのではないかなぁ、と。

分かんないですけど、例えばしょうもないバラエティの放送を延期して、被災地にエールを送るための番組を流します、とか。延期されたバラエティ番組に出てるタレントが、特番で被災地に笑顔になってもらうための番組を作る、とか。
具体的にどういう番組になるか分かりませんけどね、そういうことをすれば、バラエティに限りませんけど、ある番組を自粛する意味、があるんじゃないかな、と思うんです。

被災地を視聴率につなげようとしている、みたいな批判なんか関係ない、俺達は今回の地震の被災者に元気になってもらいたくて、普段のバラエティを自粛して、この番組を作ったんだ!みたいなね。そーゆーことを言い出す放送局が無いもんかな、と。
それであれば、良い悪いは別にして、明確な意思があって自粛したんだな、っていう話じゃないですか。

公共の電波で特定の地域のための放送をすべきではない、みたいな話もあるのかもしれませんが、そもそも自粛するのが特定の地域(今回の場合は熊本地震の被災地域)のため、ですからね。であれば、自粛するのも被災地域のため、自粛した枠で流す番組も被災地域のため、でいいんじゃないかなぁ、と思います。


大きな災害等があった場合に、
自粛する、自粛しないの判断は放送局とか、色々な立場によって違うかもしれないけど、
自粛するなら明確な意思をもって自粛すべき、自粛したなりのアクションを起こすべきなんでないか、と、思った、という話です。
なんで、尾木ママのように自粛するのがあまりにも当然!とは俺は思っていない(笑)ただただ自粛する、のは違うんじゃなかろうか、と思ってます。

今回の記事、俺は被災者の気持ちになったら、みたいなことは一切考えていません。自粛しようって側には、こういう考え方があってもいいんじゃないかなと思った、という話。

はーぁ、寝よ。

やっぱりその、自粛すりゃぁ良いってもんでもないですよね。俺が言うのも違うかもしれませんけど。

スポンサーリンク





nice!(30)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 30

コメント 4

あるいる

自粛してもしなくてもどちらでもかまわないと思うのですが、一番危険なのは「自粛しないと人としておかしいよ」という無言の圧力、無言の風潮です。
教育者が絶対におかしてはいけない過ちだと思いますよ。

by あるいる (2016-04-20 04:41) 

ゆうりんちい

コメントありがとうございます(*^_^*)
根本にあるのは、コメントいただいたような同調圧力に負けるな、という思いだった気もします。
同調圧力に対して、明確な意思を持って返すべき、みたいな。

確かに、教育者が一番やっちゃいけないことですね~、それは教育じゃなくて、洗脳だ(笑)
by ゆうりんちい (2016-04-21 00:43) 

tommy88

尾木ママはストレートのくせに、オネエ言葉を使って演じている方で、要するに迎合を平気でなさる風見鶏みたいな方です。法政大学の学生が犠牲になった時は、時の流れや雰囲気を読んで、それらしいことを喋り、教育者なら自身の勤める大学の水泳部の選手が大麻所持で捕まり、現行犯としてしょっ引かれたのが、大学敷地内の水泳部寮であっても、数週間経過しましたがこの件をコメントしてこない。マトモな感覚を持つ教育者なら、必ず警鐘を鳴らすはずなのに、彼はやらない。単なる電波芸者です。

そもそも、世界中で拉致と破壊とテロと略奪と搾取と戦争が、連続して起こっており、せめて隣国の北朝鮮で起きている非人道的な社会体制に対して、餓死していく人民に対して、各局は自粛すべきだという話は出てきません。北海道から見たら、熊本も北朝鮮も距離は変わりません。そもそも尾木ママごときが出ている番組自体が、報道の名を借りたバラエティー番組でしかないと思うのです。尾木ママ存在そのものがバラエティーなんだから、己が自粛して登場を辞めるべきではないでしょうか。

by tommy88 (2016-04-21 07:43) 

ゆうりんちい

コメントありがとうございます(*^_^*)
ある意味では、風見鶏の最前線にいる人なので(笑)この人の記事を見ると、「いろいろ間違った人が今何を考えているか」が、分かるのかな、とも思います。
でも一応ちゃんと肩書持ってる人ですからね~、それに騙されて、風見鶏の言うことを真に受ける人も出るんだろうな、とも思うんですけど。
情報って、「受け取る側にもセンスがいる」っていう、なんかで見た言葉が刺さりますね、尾木ママを見てると(笑)
by ゆうりんちい (2016-04-21 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: