So-net無料ブログ作成
検索選択

「クリぼっち」が定着することが少子化の原因ってのは、あると思うなぁ [ニュース読んでみて]

12月25日のヤフーニュース個人、「なぜ『クリぼっち』という言葉まで作って、クリスマス商戦を盛り上げようとするのか?」という記事です。

記事を無理にまとめるとこんな感じ。
・今年はデパートや百貨店が、「クリぼっち」向けの商品を充実させている。
・バレンタインやクリスマスの、スリル感やドキドキ感は減少している
・人間は、「クリスマスまでに恋人が欲しい」等の期限やプレッシャーがないと、なかなか行動しない
・「クリぼっち」が定着していけば、若者から肉食的な感性が失われ、少子化が進んでいくことだろう


わはははははは。


いや、それはそうかもなぁ、と思ったな。つまり、クリスマスは恋人と過ごす、という部分の意味合いが失われていくと、そこまでに恋人を作る!と思う男女が減っていく、ということについて。
大体が、他のことでもそうじゃないですか。期限切られてない仕事は後回しにしたりとか、さ。クリスマスは恋人作れ!というプレッシャーは、もちろん企業が儲けるために作り出した価値観かもしれないけど、結果的に少子化対策にもなっていた、ということか・・・

まー、結婚が絶対の価値ではないけれども、少子化対策ってことを考えたら、ねぇ。

例えばそれは、昔であれば社会からのプレッシャー、何歳になったら結婚しなきゃとか、結婚できなければ行き遅れと世間から責められるとかさ。
分かんないけど、国によっちゃ宗教的な縛りで結婚のプレッシャーがあったり、もするんじゃないかな?
結婚しろっつープレッシャーがあるのがいいか悪いかの話はまた別ですよ。少子化対策のシステムとして考えたときに、ということです。


んで、ね。


個人の幸せは別として、国とか社会としては、結婚して、子ども作ってくれた方が人口も増えて発展していくのはそれはそうなんだから、なんらかのプレッシャーをかけて結婚させようとするんだと思うんですね。
プレッシャーとは具体的には、社会からのプレッシャーとか、宗教的な、とか。それにより結婚を促されることがあった、わけでしょう。
んで、近代日本ではそれらに並んで企業が仕掛けるバレンタインとか、クリスマスとかの、各種イベントがあった、と。

それがまぁ、結果的には結婚・出産を促し、社会を発展させるのに寄与してきた。ところがそーゆープレッシャーが力を失ってきて。結果、プレッシャーが無くなって行動を起こす若者が減り、少子化にもつながる、ってことなんじゃないですかね。

もちろん少子化の原因がこれだけってことはないでしょうけどね。原因の一部としてはありうる、と思うなぁ。


で、さらに。


逆に言うと、今後景気が良くなったとしても、よっぽどうまくやらないと少子化に歯止めがかかんないんじゃないか、って気もするんだよな。

つまり、

この年にまで結婚しないと行き遅れ、という社会のプレッシャーが力を失い。

宗教的なプレッシャーはまぁ、日本ではもともと薄いかな。

さらに、企業がバレンタインやクリスマスなんかの仕掛ける各種イベントも、一人でも楽しめるようになったりして。

そんな状態で景気が良くなったところで、個人が個人の楽しみを追求するだけで、別に結婚・出産が劇的に増えるってことはないんじゃないだろうか。
まぁ、不景気な状態よりも増えるとは思いますけどね。日本政府が目指す水準に行くんだろうか。


要するに、今回の記事を見て、
なんとなくこう、少子化の原因は不景気で、なんて思ってたけれど、
いろんな意味でプレッシャーのかからない社会になっている、ということも原因としてあって、
不景気が解消されたとしても、
そのプレッシャーも復活させないと少子化って解消されないんじゃないだろうか。

プレッシャーの復活って、昔からある社会的、文化的なプレッシャーが力を失ってるんだから、
相当うまいこと社会をプロデュースできないと、
プレッシャーはきっと復活しないよなぁ。

どうやら、現代日本における少子化の解決って、相当大変そうだなぁ。

と、思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク






nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 2

ななし

原因と結果が逆というかセットじゃないかな。
イベントのプレッシャーで煽るだけ煽っといて頑張ったら頑張ったで女も男も真剣に一途に恋した人ほど重いとかストーカーとかバカにされたり貶されるようになった。
そうなってからからこれ15年ぐらい?そりゃあ悲しみ疲れた人も大勢いるでしょうね。
少子化にもなるだろうし恋愛系のイベントとしてプッシュされても盛り上がるわけないでしょうね。
友達や一人で楽しむ方向に変えるでしょうね。
by ななし (2017-01-22 10:48) 

ゆうりんちい

ななしさん、コメントありがとうございます!

確かに、美談が重いという価値観に変わった、ということはあるかもしれませんねぇ。何も皆が皆ドラマみたいな恋をする必要はないはずなんですけどね。
by ゆうりんちい (2017-02-02 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: