So-net無料ブログ作成
検索選択

制度のための制度じゃなくて、動物としての機能に合わせてもいいんじゃないか? [ニュース読んでみて]

2016年12月28日のデイリー新潮、「女性はなぜエクスタシーで叫ぶのか 『自由』になった古舘伊知郎さんが目を惹きつけられた記述は?」という記事です。

記事を無理にまとめるとこんな感じ。
・人間は類人猿として考えると「一夫一妻」のテナガザルや「一夫多妻」のゴリラよりも、「乱婚」のボノボに近い
・現在多くの国で採用されている「一夫一妻」制は社会的な制度に過ぎない
・旧石器時代はそこらを肉食獣が歩いていたのに、女性がエクスタシーに達する時に声を出すのは危険で、不自然
・しかし「乱婚」の動物として考えると、声を出すのは周囲の男性を興奮させ、多くの個体の精子を競争させるため、という説明ができる


わははははは。


最初の印象としては、なるほどなぁ、と。その理由であれば、確かに声を出すことに必然性があるかもしれないなぁ、なんて。
もう一つの印象としては、なんつーのかな、新しい家庭の、家族の形みたいなことのヒントになるんじゃないか、なんて。

つまり、一夫一妻制の結婚というものがもう、終わってるんじゃないかということはもういろんなとこで言われてるじゃないですか。日本人の未婚率は上がってるし、結婚しないという男女も増えてるし、結果日本の人口はみるみる減ってるし。

俺は社会学者とかではないので正確には分かりませんけど、ま、昔は一夫一妻のメリットが大きかったんでしょう。そのメリットが大きいから、社会的に結婚・・・つまり男1、女1というつがいを作る・・・ことが奨励され、まぁ、それに合わせていろいろ社会的なシステムが作られていったんでしょう。

が、今一夫一妻制にそこまでのメリットがない、と。結婚はコスパが悪い、なんて意見もあるそうですが、その意見はメリットが無いという意見の最たるものでしょう。

そう考えるとさ、結婚結婚と、旧来のシステムにしがみついているばかりではダメで、新しいシステムを考えなければいけないんじゃいけないんじゃないかと思うんです。

別にさぁ、現代は家を、名前を残さなきゃいけないみたいなプレッシャーがある家なんてほぼないし、血統を残さなきゃ、なんて人あんまりいないでしょ。結婚とは家と家の結びつき、とかさぁ。いないよ、そんなん。超・上流階級の人とかなら知らんけども。


それで言ったら、もう、乱婚でいいんじゃないかって気はするな。もともとの生物としての人間の本能に従って、システムを組みなおした方がいいんじゃないか。


だからまぁ、分かんないですけど、例えばテラスハウスみたく、男女何人かで一つの家をシェアしている人たちがいます、と。その家に住んでる人は、全員婚姻関係。例えば男4人に女4人とかで住んでたとしたら、その8人が全員婚姻関係。男Aと女Aが夫婦、みたいなことではなく。
なんで、今日は男Aと女Aがセックスをしました、明日は男Aと女Bがセッ〇スをしました、みたいなことがあったとしても、不貞行為ではない。だって全員が婚姻関係なんだもの。で、そこで生まれた子どもはその家の子ども。どのカップルの子ども、とかではなく。


・・・みたいな。


・・・まぁ、言ってて相当無理があるな、という、自覚はあります(笑)


メリットとしちゃぁ、まぁ子育てがしやすくなったりはするんじゃないかなぁ。順番で誰かが家にいるような形にすれば、一人で面倒見なくても誰かが面倒みてくれる、とかさ。
ある程度経済的なメリットもあるでしょう、病気で倒れたりした時も、自分以外に働き手が何人もいるわけだし。
賑やかなのが好きな人は、帰ったらたくさん人がいるのは嬉しいんじゃない?
セッ〇スの面からしても、男女お互いに違うパートナーと楽しんでも文句は言われないわけだし(笑)

デメリットというか、問題はいくらでも思いつくでしょう、戸籍をどうするのかとか、子どもの権利はどうなるのかとか、離婚・・・というか、その「家」を出ていきたくなったらどうすんだ、とか・・・
とは言え、その辺のことって結局現行の制度とぶつかる、ってだけのことで。人間という動物の本能に反しているのかどうかは、分かんないよなぁ、とも思うわけです。


結婚という制度ではもう社会が回らなくなってきていて、
結局結婚なんか人間が社会生活を営む上で作ってきた制度に過ぎないわけで、
もうなんかいろいろ限界にきてんじゃねーの?
そう考えたときに、結婚とかにかわる新しい制度って、
人間の本能というか、動物としての本能に沿った制度にすべきで、
そうなるとこの乱婚の動物だってのは結構ヒントになるんじゃないかなぁ。

と、思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク






nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: