So-net無料ブログ作成
検索選択

買ってあげたお父さんとかは、どんな気持ちなんだろ? [ぼやき]

今日はですね、こないだ見かけた子どもについての話を書きたいんですけど、
書きたいことは全て4コマにまとめてみました。

これね。

comic1.png

書きたいことは、以上です(笑)

はーぁ、寝よ。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

麻雀に、ひと味足してみる [ぼやき]

あの、こないだの土日でですね、ちょっと親戚集まることがありまして。
親戚が集まると、オジサンが集まって、麻雀をするのが結構、定番のイベントになってまして。

あー、自分を含めてオジサン扱いしてしまった・・・

まぁ、それはいいわ。
あの、ここ何回か、ウチの身内の中で、麻雀やる時に妙に流行ってることがあるんですよ。
それは、ワイルド麻雀て言うんですけど。

使い方としては、こんなかんじ。

・一巡目なのに、ドラ切ってやったぜぇ?ワイルドだろぉ?

・手牌じゃなく、捨て牌で1面子作ってやったぜぇ?ワイルドだろぉ?

・フリテンなのにリーチかけてやったぜぇ?ワイルドだろぉ?


・・・どーですか、これ。ワイルド麻雀、超面白くないですか。
爆笑?爆笑っしょ?ね?これ?

あー、でもなー、麻雀知らない人には伝わらないかなー!
すげーワイルドなんだけどなー!

・・・おかしいな、酒飲みながら、
麻雀やりながら皆で言ってた時はちょー面白かったんだけどな・・・

ま、酔っぱらいの面白いなんて、この程度(笑)

はーぁ、寝よ。

comic1.png

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

代理婚活ってのが流行ってるとか。親が絡むのか~・・・ [ニュース読んでみて]

親が子どもに代わって集団お見合い会に参加して結婚相手を探す「代理婚活」が人気を集めているそうです。人気の背景を探ると、男女ともに仕事で忙しく出会いの場が少なくなったことや、お見合い文化の衰退といった時代の変化があるんだとか。

代理婚活についての詳細はこちらを見てもらうとして。

はー。
あくまで個人的な感覚ですが、お見合い結婚は別にいいけど、親に探してきてもらうのはやだなぁ。親に、息子の婚活市場での需要の無さに絶望してほしくない(笑)
あー、でもなー、いま彼女もいない時点で需要無いのはバレてんのか・・・なんかどっぷり落ち込んできた・・・

まぁ、それは置いといてですね。

俺がこの記事見て思ったのは、格差が広がっていくなぁ、ということで。
その、結婚、に関してね。

つまりその、これからは結婚できる人の条件に、

例えば
収入・貯金がいくらある、とか、
清潔感がある、とか、
安定した職についている、とか、
コミュニケーション能力がある、とか、

の、条件に加えて、

親に、暇と余裕がある

という条件が付くのだなぁ、と思って。

う、わー。

記事の中には、30歳の息子の結婚相手を探しに来た、61歳の母親、っていう人が出てたんですけどね。
料金とかについては特に書いてなかったですけど、代理婚活会もタダじゃないでしょう、おそらく。自治体主催のやつはタダみたいだけど。

高いだか安いだか知りませんけど、61歳だとどうなのかなぁ、年金生活?旦那さんはまだ働いてるのかな?
多分その、そこそこ貯金やら余裕があって、時間もとれる人が集まってるんだろうなぁ、と思うわけです。

もちろんその、代理婚活がうまく行って、結婚する人の数が増える分にはいいんですけどね。
年金生活で苦しいけども、ちょっと私が無理して、小さい会社で忙しく働く息子のために代理婚活しよう、みたいな親御さんが、その場にいる人全員から相手にされない、みたいなことがあると思うと、ちょっと、ゾッとする(笑)

代理婚活は弱者救済ではなく、あくまでも強者の補助である、ということですな。

ダメな子だけど、私が頑張れば、ウチの子結婚できるかも!と、考えてしまうお母さんは要注意ですね。
そーゆーことじゃねーぞー、もともと結婚できるスペックはあるが、仕事が忙しかったりして婚活ができない人の親御さんが集まってるんだぞ~

まーでも、もともとお見合いってそういうシステムか。お見合いが普通だった時代でも、すごく仕事できる人のところにはたくさんお見合い話が来る、できないヤツのとこには全然来ない、みたいなことはあったろうしな・・・

恋愛弱者は、いつの時代も、辛いわ(笑)

はーぁ、寝よ。

comic1.png

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、この子らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

にいのキャラクター紹介 [自己紹介]

あの、キャラクター3人でやっていこうかと思ったんですけど、よくよく見たら全員ネガティブつーか、正か負かで言ったら全員負というか(笑)と、いうことに気づきまして!
あんまり暗い4コマばっか描いてもなんだなぁ、と思ったので、熱い、正義感の強いヤツを作ってみました!
が、俺の中にないキャラクターなので、うまく転がせるか心配で・・・
無理にキャラクターつけてみましたが、それはそれでどうだろうか・・・(笑)

comic1.png
これが、にいです。
・くせっ毛と、目元以外まったく似てないが、ちいの兄
・正義感が強く、行動力もとてもある。が、その行動がとても回りくどい。
・眉毛が熱血。俺の中で、眉毛が二股になっている奴は熱血。
・空手着を着ているが、動きやすいから着ているだけで、特に腕っぷしが強いわけではない。
・正義感が強く、行動がまっすぐなので、案外モテる。

モテるかどうかをいちいちキャラ設定に入れるあたりが、悲しいな(笑)

あの、行動が回りくどい、ってのはこの4コマとかで表現してるのですが、今後その設定が生きるかどうかはわかりません(笑)

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

元フジテレビアナウンサーの長谷川さんの、絶歌についての記事を読んでみた感想です [ニュース読んでみて]

えーと、久しぶりの更新です。
で、久しぶりの更新なのに、全然最新でもなんでもない記事を見つけて、書きたくなったので、書きます(笑)

えーとですね、元少年Aが書いた本、絶歌についてなんですけどね。
俺の場合は出版に反対で、ってことはこの記事に書きました。


6月17日のブロゴス、「『絶歌』を批判する人に決定的に欠けている視点」という記事です。

無理に内容まとめてしまいますと、

・バッシングは当然として、本を批判している人には決定的にかけている視点がある
・その視点とは、「自分が加害者になるかもしれない」「自分の子どもや、近しい人が加害者になるかもしれない」という視点
・貴重なサンプル(日本では人を2名殺すとほぼ死刑になるため、2名以上殺して、かつ病気が治った状態の元少年Aは貴重なサンプル、らしいです)の元少年Aを分析するのは非常に重要
・以上より絶歌は、出版の経緯に問題があるものの、内容には意義がある

って感じですかね。

えーと、言ってることは非常によく分かります。
二度と同じ悲劇を起こさないために、元少年Aの分析が必要だというのは俺も全く依存はない。

ただその、同じ悲劇を起こさないための手段が、手記を出版することではないと思いますけどね。
分析は必要だろうけど、分析をするのは長谷川さんである必要ではないし、俺でもないし。あ、俺は絶歌読んでないので素人なりの分析すらしてないけど。

あの、分析した結果を出版してくれりゃいいと思うんですよね。前に記事で書きましたけど、心理学者かなんかが例えば元少年Aにインタビューして、その分析結果を出版するとかさ。別の記事で見たのは、絶歌に心理学者の注釈をつけて出版すりゃよかったのに、って意見で、俺はそれには同意です。

素人の元殺人鬼が書いた本を、分析の素人である俺とかの一般人が読んだところで何の意味もないと思うけどな。

ちなみにですけど、長谷川さんはね、

元少年Aが印税で儲けようとしている!

と、言う批判に対して、

元少年Aは、儲けるためにこの本を書いたんじゃない。

と、断定しています。

金に執着がない方の人間だ、とか、ご遺族、あるいは迷惑をかけた家族へ送金するのだろう、とも。



その根拠が、本に書いてあるから、だって(笑)



マジで!?なんなの、その、本の内容の鵜呑みっぷり。記事の他の部分にも、本の内容が100%事実であるという前提でないと出てこないよね、って部分があるんですけど、ここはちょっと笑っちゃったなぁ。

いや、元少年Aが実際にどうするかは知りませんけどね。断定する根拠が本に書いてあるから、ってさぁ。弱いでしょ、根拠としては。
本の内容なんかさ、例えば元少年Aがこう書いたら自分がいいヤツに見えるんじゃないかと思って書いた、とか、編集者がこう書いた方がウケる、って口出ししてるとかさぁ、不確定要素はいくらでもあるわけですよ。

本を読んだだけで断定までしちゃうかね。
本の内容からすると、金儲けで書いたとは思えないが、今後も元少年Aの動きを追ってみようと思う、くらいのまとめがいいとこじゃないのかな?

こんな程度の、なんら批判精神も持ってない人が、日本最大手のテレビ局であるところの、フジテレビに一時期いたんだなぁ、と思うとちょっとゾッとするな。
ちょっとね、この人の言ってることはあんま信用できないな、と思ったという話でした。

comic1.png


あ、4コマと記事には何の関係もありません(笑)
本だからって、そんな信用できないだろ、という内容の4コマでございます!

はーぁ、寝よ。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07
あの、3人を好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

安全保障関連法案、理解が進んでないのは誰のせい?俺の。俺の理解が進んでないのは。 [ニュース読んでみて]

7月14日の毎日新聞、「安保法案 石破氏『理解進んでいない』」という記事です。

石破茂地方創生担当相は14日午前、閣議後の記者会見で、安全保障関連法案について「国民の理解が進んでいるかどうかは各社の世論調査の通りであり、まだ進んでいるとは言えない」と明言したそうです。

で、その後世論について載ってるんですが、毎日新聞の今月の全国世論調査で安保関連法案の国民への説明が「不十分だ」との回答が81%に上ったんですって。
かつ、新聞各社ともほぼ同じ傾向の結果が出ているとか。

あのー、俺この手の話見るといっつも思うんですけど、別にその、今回の安保法案に限らずね。

説明が不十分て、何?
逆に言うと、説明が十分な状態って、どんな状態?

あのー、仮にね、俺が安保法案の是非について完璧に理解するまで説明しろったら大変だと思いますよ。
説明が不十分だから、反対、って、そもそもおかしい気がするけど。すんげー説明されても、分かんないよ、俺、多分。
俺じゃわかんないし、判断つかないから、政治のプロであるところの政治家がいるのではないの?


あと、もう一個思うのは、説明責任を負うのは与党だけなのかしら?ってことで。

この記事とは別の記事なんですけど、安倍首相が安保法案についてネットの番組で例え話をした、って記事があったんですね。
その例え話に対して、


野党から「軽すぎる」(民主党の辻元清美氏)との批判が出たが、菅義偉官房長官は「できる限り分かりやすくするために、例え話で説明された」と擁護した。


というやり取りがあったり、この記事へ行くリンクに、


【理解できますか?】安倍首相が語った安全保障関連法案の「例え話」


っていうタイトルがついてたり。

えーと、ムカつくのは、理解できますか?っていうのは、こんな単純な例えで、安保関連法案の難しいことが理解できるかよ!というリアクションを期待してるんだと思うんですけど、あの、理解できますよ。その、この、例え話で言いたいことに関しては。

軽すぎる、という批判についても、なんですけど、反論したい、させたいなら、安保法案てこういうもので、この例え話だとこういうことが説明できてなくて、だから首相はこの例えでこういうことをごまかそうとしている!というとこまで行かないと意味ないんではないだろうか。

まぁ、国会での答弁に関しては、分かっている人同士の会話だろうから、まぁ新聞記事とは違うだろうけど。あれ、そうなんですよね?あの人たち安保法案について精通してる同士で、賛成・反対の立場をとってるんですよね?

何が言いたいかってーと、ある法律を作ろうという時に、説明責任があるのは賛成派、反対派両方にあるのではないか、ってことです。

もちろんその、こういう法律を作りたいから、国民の理解を求めます、というのはそうすべきだと思いますけど。
反対なら反対で、この法律はこういう法律で、こういう不具合があるから成立させるべきではない、という内容と、代案を出す。代案がないならこのままで大丈夫、という根拠、をちゃんと並べるべきではないのかなー、と。

国民の理解が進んでいないのは、与党が説明責任を果たしていないからだ!という批判は、雰囲気で批判して、採決のタイミングを引き延ばそうとしている野党と、それを面白おかしく煽り立てるマスコミにブーメランにしかならない、と思うんですけど、どーなんでしょ?

一応さぁ、与党も野党も日本をよくしようとしてるわけでしょうよ。
新しく作る法律について、賛成・反対の立場はともかく、国民の理解を得ることに関しては協力してもいいんじゃねーの?

はーぁ、寝よ。

comic1.png

もしこのブログ、ってか4コマの3人に興味持ってもらえたら、ぜひ4コマの3人のプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07
あの、3人を好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(26)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

新キャラを作ってみましたよ~ [3人の、日常]

今日見たら、閲覧数が10,000を超えてました!やった!こんなこともあるんだなぁ、と(笑)
見てくださった皆さん、ありがとうございます~(*^_^*)

で、それを記念して、ってわけでもないんですけど、新キャラを作ってみました。
初登場は昨日の日記ですけど。なんかなー、ややこしいキャラ設定しちゃったな~、うまく転がせるかな~(笑)

ちいのお兄さんです、にいっていいます。
よかったら、よろしくです。

comic1.png

じゃ、二度寝します!

スポンサーリンク




nice!(36)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

岩手の中2自殺の記事を見て、DVの法律で何とかならんもんかなと思った件について [ニュース読んでみて]

9日の記事に引き続き、なんですけどね。

要はその、DVに関連した法律をDV対応の先進国から引っ張ってきて、いじめに関する法律も作れんもんかな?と思った、ってことに関して、思っただけだとなんなので、ちょっと俺なりに対策について考えてみようかな、と。

で、いろいろDV関連のことについて調べてみたんですけど。

DV防止法 第二次改正(2007年)の概要ってのがあったので、ここに載せてみます。
(1) 生命等に対する脅迫を受けた被害者に係る保護命令
つまり、暴力により身体やら生命に危害を受ける危険性がある場合、裁判所は保護命令を出す、と。
(2) 電話等を禁止する保護命令
裁判所は、被害者の申立てにより、被害者への接近禁止命令と併せて、被害者に対する次に掲げるいずれの行為も禁止する命令を発することとする。
禁止される行為は以下の通り。
1.面会の要求
2.行動の監視に関する事項を告げること等
3.著しく粗野・乱暴な言動
4.無言電話、連続しての電話・ファクシミリ・電子メール(緊急やむを得ない場合を除く。)
5.夜間(午後10時~午前6時)の電話・ファクシミリ・電子メール(緊急やむを得ない場合を除く。)
6.汚物・動物の死体等の著しく不快又は嫌悪の情を催させる物の送付等
7.名誉を害する事項を告げること等
8.性的羞恥心を害する事項を告げること等又は性的羞恥心を害する文書・図画の送付等
(3) 被害者の親族等への接近禁止命令
配偶者が被害者の親族等の住居に押し掛けて著しく粗野・乱暴な言動を行っていること等の事情があるため必要があると認めるときは、裁判所は、被害者の申立により、被害者への接近禁止命令と併せて、被害者の親族等への接近禁止命令を発することができる。

ま、子どもとかいた場合なのかな、そらDV夫が自分の子どもに近づいたりすんの怖いもんね、まぁ、親でもか、そーゆー命令を出すのはわかります。

ただねー、いや、俺が見る限り、俺が見る限りなんですけど、命令だすのはわかるけど、じゃぁその命令を誰が執行するのか?だれが責任もって被害者を守るのか?みたいのがよく分かんない。
各都道府県とか、市町村、あとはそこにある支援センターについて、努力義務がある、とは書いてあるものの。

努力義務?何それ?
最低限これだけ果たすべき、みたいなガイドラインはないの?
果たさなかったらペナルティ、みたいのもないわけ?
果たせないなら、理由を並べて申請すれば、その理由が正当なら国が補助しますよ、とかは?

すみません、ちゃんと法律読めばわかるのかもしれないけど、俺の印象を書きました。
そして、こんな内容だと9日の記事にも書きましたけど、各地域とかの対応の差が出んのも当然じゃわいな、と思っております。


で。


この内容をいじめに応用できるかっつーと、無理でしょうな。要するに加害者がはっきりしてればこの内容使えるかもしんないですけど、クラス全体になんとなく無視されてる、みたいないじめだと使えんですわよ。

なんかDV法も日本じゃうまく運用できてないとかって話も出てきたし、DV法については女の権利が強すぎる、なんて話も出てきて、もうダメかなとは思ったんですけど。


あの、シェルターって考え方はいいんじゃねーかと思って。

DVについて調べてると、スイスのシェルターっていろいろ充実してていいらしいんです。

例えば、
シェルター自体の住所が非公開であるとか、
入居者には個室が用意されているとか、
子どもも一緒に入居できるように配慮されてるとか、
経済的な支援もしてもらえるとか、
精神的な支援として継続的に相談に乗ってもらえるとか、
弁護士を紹介してもらえるとか、
雇用情報の提供をしてもらえるとか、
パソコンや言語取得に関する訓練を行ってもらえるとか。

子どもについてのケアもしてもらえるそうです。

多分その、加害者から被害者をどう守るか、ってことは俺が見たとこにはなかったけど、なんかあるんでしょう、その辺も。

ただその、いじめに関してはおそらく、被害者が逃げ出した時に加害者が追っかけてく、っていうことはDVほどはないと思うので。

この、シェルター的な場所を作るのがいいのではないかなぁ、と。

例えばその、各都道府県にいくつか、学生用のシェルターみたいな施設を作る。
いじめで学校に行けないとかって子が出た時に、学校行かずにシェルターに行く、という選択肢を一個作る。

そのシェルター、ま、DV被害者用の施設と違って宿泊できたりする必要はそんなにないと思うんですけど、
例えば家から通って、
精神的なケアをする、
集団行動を学ぶ、
最低限の勉強を教える、とかさ。

転校先を探してくれる、とかでもいいと思うし、
元の学校に戻れる方法を考えてくれる、でもいいと思うんです。
何なら職業訓練して、就職世話する、とかでもいいのではないのか。

あのね、いじめで中2が自殺した、という記事の最後に、


実業家の堀江貴文さん(42)は「大事なのは逃げてもカッコ悪くない雰囲気作り」と他とはやや異なる視点でつぶやいた。


ていう話が載ってたんですけど。
あの、全くその通りだと思うんですけど、逃げ場を用意してやることがまず先でないかなぁと思うわけなんですよ。

転校してしまえと言ったって、両親の仕事とか、経済状況によって転校が困難ということもあると思うんです。

なら学校なんかやめちまえって意見もありますけど、じゃぁそのあとどうすんのか?と。

もちろんその、起業したりとか、なんか手に職付けて一人で生きていくとか、まぁあるとは思うんですけど、じゃぁそれを全員ができるか?っつったらキツいですよ、そら。

いや、ホリエモンがどうかは知りませんけどね。ホリエモンは学校やめたって平気でしょうけど、そら。

仮に俺が学生ん時に学校やめたとしたら、もうどうしたらいいのかさっぱりわからんかったと思うもんなぁ。

だからその、シェルター的なものを作って、逃げ場をまず用意したうえで、かっこ悪くない雰囲気作りが必要なんではないかな、と。

あの、もう一個いうと、格好悪くない雰囲気作りは、教師の方にもいると思います。シェルター的なものがたくさんできて、でもそこに生徒入れてしまうのは格好悪い!という空気が強いと、教師の方がシェルターを紹介するのをためらったり、ってことが出てくると思うので。
もちろん理想はいじめが無くて、シェルターが必要ない、ってのが理想ですけど。

選択肢の一つとして、学校に行く、シェルターに行く、どっちもスムーズに選択できるようにしなきゃいけないんだろうけど、難しいだろうなぁ~、少なくとも、すぐには。

はーぁ、寝よ。

comic1.png

もしこのブログ、ってか4コマの3人に興味持ってもらえたら、ぜひ4コマの3人のプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07
あの、3人を好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

岩手県のいじめ被害生徒が自殺、いじめ加害者をどーにかする法律を作れないもんなのかな? [ニュース読んでみて]

7月8日の記事です。

岩手県矢巾(やはば)町の中学2年の男子生徒(13)が2015年7月5日、JR東北線矢幅駅で進入してきた電車に飛び込んだ。いじめを苦に自殺したと見られ、「生徒はいじめではなく暴行」「見殺しも同然」など、学校側への怒りの声が広がっているそうです。


最も批判が集まっている点は、学校側の対応とのこと。
・生徒は担任教師と交換していたノートでいじめの被害を繰り返し訴えていた
・が、教師はそれを「無視」して返答を書き続けた
・生徒が通っていた中学校の校長もノートのやり取りについて「担任から聞いていない」と話した
・7月7日に開かれた保護者会でもいじめの有無を説明しないなど「知らぬ存ぜぬ」を決め込んでいる

そりゃぁ、怒りますわな。関係ない人でもね。

あの、俺の勝手な感想なんですけどね。この記事読む前に、DVについての記事を読んだんですよ。で、DV問題と、いじめ問題って似てるんじゃないかな、と。


記事で見た、DV被害に対応する公的な機関の問題点はやっぱりいろいろあるそうです。ざっと言っちゃうと、シェルターというDV被害者の駆け込み寺的な施設がちゃんと機能していない、と。

民間のシェルターから見ると保護対象の人でも保護せずに追い返しちゃう。お金あるからアパート借りられるでしょ、と追い返したり、DV被害で心の病気になって薬飲んでる人を、団体生活ができない、って追い返したりとか。

他には、地域であったり個人の資質に負うところが大きい、ってのも問題だそうです。ある地域では被害者は皆保護するけども、上記のように追い返しちゃうとこもある、とか。
警察や企業も、担当者が協力的なら解決が早いけど、性被害を訴える被害者に「金目当てで言ってるのか」と言い放つ担当者もいる、とかね。

なんかこう、公的シェルターを学校、担当者を先生と考えると、いじめ問題に似てる感じがしません?今回の記事のような学校、教師もいれば、本当に親身になって対応してくれて、解決に尽力してくれる先生がいれば学校普通に行けるようになった、とかね。

で、一番似てると思ったのはDVの方の記事の最後のここね。


根本的に間違っているのは、強盗でも殺人でも加害者がつかまるのに、DVの場合だけ、被害者が逃げなくてはいけない、ということです。暴力のありようは社会のありようが決めています。今の社会のあり方を変えなくてはいけないと思います。


いじめもそうですよね。いじめられてる側が転校することはあっても、いじめてる方がいじめをとがめられて転校する、ってことは、まぁ、ない。自殺とかまで追い込んだら違うかもしれないけど。

ま、DVはまず暴力だけどいじめは暴力とは限らない、とか、DVは加害者は配偶者一人だけど、いじめは不特定多数の場合があるとか、いじめの場合はいじめる対象はある意味誰でもいいかもしれないけど、DVの場合は配偶者が対象だから、逃げても追っかけてくる可能性があるとか、いろいろ違いはあると思うんですけど。

暴力のありようは社会のありようとか、社会のありようを変える必要があるとか、俺には具体的に何言ってるのかよく分かりませんけど、ま、とにかく日本のいじめ、DV対策ってのはえらく遅れてるようなので。

なーんかその、DVに関する法律が進んでるどっかの国から、その法律引っ張ってきて、なんか応用してうまくいじめ対策の法律ができんもんなのかな?と思ったんですけど。
どーなんだろ。や、そう、思った、ってだけの話なんですけど。

学校に、とか、教師個人に、とか、生徒に、とか、それぞれの問題ごとに対処させてるようじゃぁ、ダメだと思うけどな。それこそ、暴行と呼んでも差し支えないくらいのいじめだったら、ね。法律とか、執行するための機関がいるんでない?と。

はーぁ、寝よ。
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

絶食系が問題だと言ってる人は、絶食系のことホントに分かってはいないと思う [ニュース読んでみて]

あの、最近になっても、中年童貞の本読んだ時の記事をね、検索でたどり着いてくれる人がたまにいるので(笑)
ちょっとその、最近読んだ童貞っぽい記事についての感想なんかも。童貞っぽい記事ってなんだ(笑)

6月13日の記事です。

その、絶食系男子についての記事です。


学校で性教育を推進しようとすると、必ず「寝た子を起こすな」という反対意見が出てくる。「性の知識を教えると興味をもち、性的に不適切な行動をするようになるから、大人になるまで教えるべきではない」という意見である。ネットで性情報が氾濫する今、どの程度影響があるか疑問だが、現実にはそれ以上に深刻な事態が起きている。寝た子が起きないのだ。


うーん、そーゆーこともあるだろうな、と思います。


3年ごとに実施されているこの調査の中で、2014年時点で思春期まっただ中の15歳男子の4人に3人は、「異性への性的興味」がなかったのだとか。


えーとですね、中年童貞になりかけてた、もしくは絶食系予備軍の人間として言わせていただきますと。

あの、性教育をちゃんとやることに関しては、賛成です。それは何かというと、性的なことが個人的なことになりすぎて、標準がわかんなくなっちゃってるんじゃないかなと思うからです。

あのね、性的なことが個人に任せられすぎて、でもインターネットとかでどんどん情報だけは入ってくるもんだから、標準がわかんなくなっちゃって自分の性癖を表出させられない、ってことはあるんじゃねーかな、と思うんです。

例えばその、ネットでものすごいディープなプレイにたどり着くのって容易なわけじゃないですか。
その、SM的なものだったりとか、ロリコン的なものとかね。なんか、他のものとか。知らないけど。俺は!知らないけど!

で、誰にも性ってのはこういうもの、ってことを教わらずに一人で、俺これ好きだな、このジャンル好きだなとかってネット上で掘っていったときに、そのジャンルが好きなのはノーマルなのか?アブノーマルだとしても、じゃぁどの程度アブノーマルなのか?っていう客観的な基準が無くなっちゃうと思うんですよね。

たまにその、女性を襲っておいて、嫌がっているけど触り続けていればその内感じ始めると思った、みたいな、AVのおかしな知識を実践しちゃって逮捕されるクズがいますけど。
あれって、ベクトルが違うだけで問題の根っこは絶食系と同じ気がします。

そーゆー一部のクズは除き、多くの良識的な絶食系は、自分の好きなジャンルを表明して嫌われるのならば、あるいは嫌われないように少しずつ表出させていくのがめんどくさいから、じゃぁネット世界を掘り進めていけば良いんじゃない?みたくなるのもそれはそうだと思うんだよな。

だからその、学校とかでピシッと、性教育をちゃんとやって、性についての知識の基準を一個示すってのはあると思うんですよ。

その基準が一個できれば、その、例えば子孫を残すのが性の目的であり、セックスしたいと思うのは子孫を残したいと思うからで、それは全然汚いことではないんだよ、と教わった時にね。

じゃ、それを教わった時に、極端なこと言えば、二次元の女子に欲情する自分、と、子孫を残したくて性的欲求を持ってセックスしたいと思う人、に対する距離感、について考えるきっかけになる気がするんですよ。

もしかしたら、その距離感はまずいな、と思った時に、やっぱり普通に女子にモテたい、
と思う人がいるかもしれないでしょ。知らないけど。

その、基準すらもない状態で、今のネット社会で、個人の趣味に任せ切ってたら、脳内で完結するやつが出てきて、絶食系が増えるのも当たり前だと思いますけどね。

ちなみに、記事の最後はこんなかんじ。


SF作家の星新一の作品に、若者に性欲がなくなり、日本の将来に危機を感じた政府が若者の性欲を高めるためにさまざまな手段を講じるものがある。これが、SFではなくなり、性的なコミュニケーションの楽しさを学校で教えなくてはならない時代も近いのかもしれない。


星新一は俺個人的に大好きで、すげー読んでたんですけど、ここで名前が出てくるあたりやっぱすげーな、と!未来を見据えてたというか、星新一のSFに時代が追い付いたのだなぁ、と(笑)

まぁ、小説に本気でツッコむのもどうかと思うのでアレですけど、性欲を高めるばかりでは犯罪が増えるばかりだと思います。
俺の感覚的にはね、頭で距離感がどんだけわかっててもダメなんです。実践が大事で、それを導いてくれる先輩とかが重要なのかな、と。ちなみに、俺の大学時代はそんな先輩いませんでした。

あの、思いつきですよ、思いつきで言いますよ?
各地の大学にね、国の特派員を送り込むんですよ。
大学ってその、何してるかよく分かんない、授業にも出てない、なんかずっと部室にいる、みたいな先輩ってたまにいると思うんです。

そのポジションに、国の特派員を送り込んで、やたらナンパ連れて行く先輩とか、風俗おごってくれる先輩(特派員)を、配置したらどうだろう。
学科とかはよく分かんないけど、部室行ったら会えて、その先輩(特派員)に気に入られたら、童貞捨てられる、みたいなね(笑)

ちなみにその先輩が風俗おごってくれる、その金は税金ですけど(笑)

いまその、無責任な立場をものすげー楽しんで、ものすげー適当なこと言っとります(笑)

はーぁ、寝よ。

comic1.png絶食系はやめて、海外に目を向ける、とかってなったらいよいよ俺はどうしようもなくなるな(笑)


もしこのブログ、ってか4コマの3人に興味持ってもらえたら、ぜひ4コマの3人のプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07
あの、3人を好きになってもらえるととてもうれしいです。


スポンサーリンク




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog