So-net無料ブログ作成
検索選択

キンコメ高橋容疑者逮捕報道に対する尾木ママの反応、に対する俺の反応。 [ニュース読んでみて]

12月26日のスポーツ報知、「尾木ママ、キンコメ高橋容疑者に憤慨『どれだけバカにされたのでしょうか!?』」記事です。

えーと、尾木ママが、キンコメ高橋容疑者の犯行に怒ってるそうです。
記事の概要は、こんなかんじ。

・「尾木ママ」が、「残念です!!お笑いコンビのキンコメさんが…」と、女子生徒の制服などを盗んだとして警視庁に窃盗の疑いで逮捕されたお笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者(44)に憤慨
・高橋容疑者の犯行内容→女子高生のスカートや制服など、50もの高校に不法侵入し、窃盗
・「そんな性犯罪者のキンコメのお笑いコント、五年前には優勝していたのですから、どれだけバカにされたのでしょうか!?」と、知名度の大きさから視聴者への影響力についても提言
・「子どもたちになんていえばいいかな!?悩みます!!」とブログを締めていた


はーん。


えーと、このブログ読んでくださってる奇特な方の中に、尾木ママファンの方がいたら申し訳ないんですけど。
ホンマでっかTVで見てた頃は、すげぇキャラ見つけてくるな、面白いなこーゆーとこさすがだなフジは、と思ってたんですけど。
たまにこーゆーネット記事でブログの内容とか記事になりますけど、その記事で読む内容はすげぇ嫌いです。あの、感情的、すぎる。
あんなんを面白キャラに仕立て上げた、さんま師匠はやっぱり偉大やったんや・・・

んでね。

俺が思ったのは、こーゆー人がたくさんいるから、日本は再挑戦がしにくい社会なんじゃないかってことで。
尾木ママって、典型的なその、一度堕ちた人を認めない、再挑戦しようって人を蹴り落とそう蹴り落そうとするタイプっぽいな、っていう。


感情的に悪いヤツをやっつける、ってとこもそうなんですけど、自分の社会的影響力も考えずにこんなかんじのブログを更新するあたりがね。再挑戦しにくい社会を形作ってる人の、まぁ変な話テレビ出てるし代表みたいな感じがしたんですよね。

全然、キンコメ高橋容疑者を擁護する気はないんですけどね。

あの、俺の感覚なんですけど。
影響力で言ったら尾木ママに比べたらクソみたいなもんですけど、一応ブログとかやってる人間として。
別に、自分の考えを言うだけでいいじゃん、と、思うんですよ。

俺なりにね、高橋容疑者に対して思ったことはありますよ。
でもね、尾木ママのブログ、まぁこの記事読んだ感想ですけど、自分の意見じゃ無くない?自分の感じたことじゃなくない?

どれだけ馬鹿にされたのでしょうか。っつって。
わかんないです、高橋容疑者が、キングオブコントとった時に、俺制服盗んでるのに俺を優勝させやがって、バカだな、一般人、と、思ってたのかも知れない。
多分そんなこと思ってないと思いますけど、仮にそう思ってたとして、だとしても別に尾木ママ個人をバカにしてたわけじゃないじゃん。

「子どもたちになんていえばいいかな!?悩みます!!」

ってとこもね、自分が感じたこととは関係ないじゃないですか。悩んでることと尾木ママが感じたことが直結はしてないと思うんですよ。


何が言いたいかというと。


あの、個人の思いとして、高橋容疑者を許せる、許せないって思いはあると思うんですよ。

もちろん犯罪行為なんで、罪は償わなきゃいけないわけですけど、それは社会とか、警察がするべきことで。それとは別で、個人としてどう感じたか、ってことはあるわけでしょ。

そこにね、社会的な正義というか、社会的な価値観が混ぜ込まれてくると、許せない!って話になると思うんです。

今回のことで言えば、


高橋容疑者、番組で優勝した時期も制服を盗んでいた

えー、気持ち悪い

ってのが、個人の感想。


高橋容疑者、番組で優勝した時期も制服を盗んでいた

コイツ、犯罪行為をしながらのうのうと優勝しやがったのか

世間を馬鹿にしていやがる!

どれだけ馬鹿にされたのでしょうか!?

ってのが、社会的な価値観が混ぜ込まれた感想。自分が馬鹿にされたわけでも無いのに。


高橋容疑者、番組で優勝した時期も制服を盗んでいた

テレビで活躍している人が、そんな犯罪行為を!

子どもたちの憧れでもある人なのに!

子どもたちになんていえばいいかな!?悩みます!!

ってのが、社会的な価値観が混ぜ込まれた感想その2。別に自分に伝える義務はないのに。まー、教育評論家だからちょっと特殊な立場かな、でも別に伝えるのはマスコミとかの仕事だかんねぇ。


個人で思う分には、気持ち悪い、ですんでたのが、馬鹿にされた、とか、子どもに何かを伝えたい、とかのね、社会的な価値観が入れば、それは、許せない!って話になると思うんですよ。
で、この尾木ママのブログ記事を見る限り、尾木ママは社会的なことを考えに入れるってことが、考え方のクセになっていて。
そのクセがある人は、考えの主語が、自分ひとりではなく社会とか、世間とか、どんどん大きくなってしまい、やたら正義感が強くなり、悪いヤツをとにかく許せない、とにかく排除しよう、という考え方になるのではないか。

あー、なんか、とても日本人ぽいな、と。
あー、これか、と。
あー、この考えがあるから、とにかく許せないってなって、一回ドロップアウトした人間の再挑戦をしにくくするんじゃないかな、と。

別に個人でどう思うかでいいと思うんですよ。今回の件について、個人でどう思ったか。高橋容疑者が、罪を償って、分かんない、仮に芸能界復帰したとして、そん時に個人でどう思うか。
もちろん許せない人もいるでしょうけど、罪も償ったんだし、いいんじゃない?って人もいていいと思うんですよ。ただ、そこに社会的な価値観を混ぜ込んじゃったら、許すまじ、ってことにしかなんないじゃん、と、思うんですよね。

もちろん被害者は考えがちがったり、もっと凶悪な犯罪だとまた違ったりはすると思いますけど。

日本社会、再挑戦しにくい社会と言われるのは、こんな考え方の人がいっぱいいるからではないか、と、尾木ママのブログを読んで思った、という話です。それが教育評論家なんだからなー!

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クリスマスに更新したかったさ、せめて [ぼやき]

comic1.png

や、あのね、24、もしくは25に、今日のしている更新をしたかったんですよ。
でもね、できなかったんです、疲れたりして。

それで、こんな時にクリスマスっぽい更新をしてるわけです。
27日(26の深夜)にさ。

これがさ、彼女との時間を大事にしたかったから、24・25の更新はお休みさせてもらいました、と言えたらどんなにいいか。

そんなんじゃねぇーよーい。


しーごとーだよーい。

・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・





しーーーーー

ごとーーーーー

だーーーーー

よーーーーーおぉーーーーーい!!!


で、24・25の夜に、イラストサイトを気取って、シコシコ描いたけど、結局クリスマス更新には間に合わなかったイラストを載せます。
イラスト下手くそなくせに、聖夜に何やってんだろうと思いつつ(笑)

comic1.png

女子キャラが増えたので、描いてみました。
うーん、今後も匿名でやろう、このブログ(笑)

でもクリスマスイラストを描くなら、やっぱりカラーで描けないとあんまりおもしろくないな、と思ったりして。
年末年始で、カラーで描けるようなフリーソフト探そう!そして、色付ける練習しよう!

みなさん、メリークリスマス!今さら!

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

男と女が同じ感覚持ってるわけねーでねーの、妊娠・出産・育児について [ニュース読んでみて]

12月18日の毎日新聞、「父親たちは育児を『しない』のか『できない』のか」という記事です。

いまの子育て世代には、父親も「育児」をするものという意識が浸透しているけれど、日本の男性が育児・家事をする時間は先進諸国の中で最低水準。で、その実情を解説する、という記事なのですが。

記事の概要は、こんな感じ。詳細は、元記事で。

・6歳未満の子どもを持つ親が育児・家事に費やす時間は、母親が1日約6時間(共働き)~約9時間(専業主婦)、父親はわずか1時間程度。北欧やアメリカの父親は1日3時間かそれ以上
・子どもとの「遊び」はするけど、「世話」はしない父親たち→積極的に子どもの行事に参加する「イクメン」で、周囲でも評判の父親の言「僕はオムツを替えたりしないんですよ。そういうのは妻の担当なので、妻の自由にまかせています」
・父親の主な役割は「稼ぐ」ことで、育児は「レジャー」ととらえる傾向があるからだと指摘されている
・男性の育児参加が出生割合に影響することが知られていて、スウェーデンやフランス、アメリカなどの出生率の高い国では、父親が子どもの「世話」を行う割合も日本よりずっと高い


ほー。


まず前提として言いたいのが、俺は男も家事・育児をするべきだと思います。家事・育児をしない、という選択ができるのは、奥さんが専業主婦をできるとか、家政婦さんとかベビーシッターをたくさん雇えるとかの、超稼いでる男のみ、と、考えます。
つまり、今の時代ほとんどの男は家事・育児をすべきということですな。俺も含めて。

で、男が育児参加するのに何が足りないのか、という点について、俺が言いたいのが。


ま、教育でしょう。


その、奥さんが旦那をほめて伸ばして教育して、家事を手伝わせる、みたいな話ではなく。

あの、母子手帳って、あるでしょ。あれに関しては、健診の記録であったりとか、助成金がもらえたりとかさ、そういうものみたいですけど。
あれのさぁ、父子手帳、ないしは夫婦手帳みたいのを作って。父子手帳の方は、奥さんの妊娠期間中に何回か、講義みたいのを受けて、乳児のことだったりとか、子育てのことを学ぶ。
全部講義出たら、いくらか助成金出せばいいじゃない。
その講義を会社休んで受けやすくするように、国が企業に号令かけなさいよ。
国がやれよ、国が。

一応父子手帳ってあるみたいですけど、なんか自治体とかがペロッと配ってるだけみたいで、本腰入れてないかんじはするなぁ。


あの、これは多分女性に怒られますけど、男にね、子どもに対して女と同じ思いを持て、というのは無理があると思います。

いや、持てる人がいないとは言わないけど。
ま、俺はね、奥さんも子どももいないのでね、予想でしかないけど、難しい気はするな~。

その、十月十日お腹に赤ん坊抱えてさ。
体調の変化とか、つわりで苦しんだりしつつ。
その間にも、お腹の中で動いたりして、命を自分の中に感じ。
出産だって、ものすごい痛いというじゃないですか。
下手したら出産で死ぬ可能性だってあるわけですよ。
そんなすさまじい体験を超えて、子どもをその手に抱いた女性と。

その間せいぜい家事をするとか、病院に送ってくとか、励ますとか、そんなことぐらいしかできない男。

何にもしないで、その両者の意識がそろうわけねーじゃん、と思うんですよ。

もともとの、日本では、男が家事なんかやるもんじゃない、みたいな意識があるなら余計でしょ。

だから男が家事・育児手伝わないのは仕方ない、と言う気はないけれど、何が必要なのか、と言われると、医者とか、専門家による、男に対する教育だと思うんです。

分かんないけど、ちゃんと先生がついて妊娠や出産のリスクについて教えてもらうとか。
人形とかを使っておむつを取り替えたりお風呂に入れる練習をするとか。
夫婦で、医者に話聞いてもらって、不安を共有したりアドバイスをもらう、とかさ。

女は子どもをお腹に抱えている間、どんどん母になっていくんだと思うんですよ。だってお腹の中に子どもがいるんだもの。それがだんだん大きくなるんだもの。すごい思いして出産するんだもの。

ただ、男は、生まれたから、はい、父、ってわけには行きにくい、と思うんです。女と同じ経験してるわけじゃぁないじゃない。

や、女でも子どもを大事にしない人もいるし、男でも立派に育児してる人もいるんでしょうけど、ま、確率論としてね。


男は、子どもが生まれたからって父になる、というのが難しい、のであれば、生まれた後に育児しねーだなんだと騒ぐのは遅いんでないかなぁ、と思うんですよね。
だったら、妊娠期間中とかになるのかな、男に教育をする必要があるんではないか、と、思ったという話です。そーゆーのをさ、国がやれよなぁ、と思うんですけど。

女からしたら、そんなこと言ってねーで自分で勉強しろよ、ということになるんでしょうけど(笑)そんなこと言ってると何にもしねー男が増えるばかりなのは、現時点で証明されてる、ってのが、この記事の内容ですからね~
記事にもあるアメリカとか北欧だと、どうなのかなぁ。妊娠期間中に夫婦そろってカウンセリングとか受けてそうな気がするんですけど。イメージですが。

はーぁ、寝よ。

comic1.png

彼氏にするにはいい男、結婚するにはいい男、どっちにも選んでもらえない男、いるよね~。最後のは、俺か!

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

視聴者がなんと言おうが、深夜はエロを流し続けろ!公共の電波として!・・・みたいな [ニュース読んでみて]

12月14日のNewsポストセブン、「深夜エロ規制?に『TV終了』の声」という記事です。
テレビ東京の深夜番組で、下品な描写があったということでBPOが見解を発表したんだとか。
いろいろ波紋を広げてるそうですよ。

記事の概要は、こんな感じ。詳細は、元記事で。

・放送倫理・番組向上機構(BPO)・青少年委員会が見解を発表したのは『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京)について、画像処理が施されていたとはいえ、下半身を露わにした「おむつ交換」や、セクシーママの「ボディマッサージ」により男性器を“反応”させたりした点
・「もはや深夜帯番組だから青少年のことは考慮しなくてよいという時代ではなくなりつつあるのです」との見解を発表
・ネットでは賛否両論
・テレビ東京「当番組には不快な思いを抱く視聴者がいたであろうことは否定できない」と指摘を認め、「今後、よりよい番組作りに邁進していく所存です」


ふーん。


俺が思ったのは、公共の電波の役割ってなんだろう、ってことで。

こういう話が出てくるとまぁ同時に出てくるのが、テレビ放送は免許制であり、どこにでもできることではない。公共の電波としての自覚を持って番組作りをすべきだ、みたいな話で。
だから、見なきゃいいじゃん、という話でもない、ということは分かります。

もちろん見て不快な気分になる人は少ない方がいいし、子供に下品なものを見せたくないという親がいるのも分かります。

ただその、公共の電波であるのなら、視聴者が不快に思ったから番組内容を変える、ってのはちょっと違うんじゃないのか。


今回問題になってるざっくりハイタッチの内容が是か非か、ってことじゃなくてね。


例えばニュース番組で、○○町で、△△さんが殺されました、というニュースが流れますわね。俺がそれを見たときに、そら、いい気分はしませんよ。不快ですよ、見てて。
でも、人が殺されたなんてニュースを見るのは不快だからやめろ、と言われてニュースを流すのをやめることが、公共の電波として正しいのか?

仮にですけど、現在の首相のことが嫌い、って人がたくさんいて、あんな奴テレビで顔見るのも何やったか知るのも嫌だ、不快だからニュースで流すな!って声がたくさん集まったとして。
じゃぁやめますっつって、政局に関するニュースを流すのをやめることが、公共の電波として正しいのか?


まぁ、この話は極端ですけど、でも視聴者からの声で番組内容変えるってこういうことですよね?いや、視聴者の声を全く聞かないのが正しいとは言いませんけど。
公共の電波としての役割を果たすためには、視聴者の意見なんか聞かず、報道とか、流す必要があることを流す、って姿勢が時には必要だ、ってことです。


で、ね。


俺が思ったのは、公共の電波が、エロに対して果たすべき役割ってのはどのくらいあるのか、ということなんですよ。

個人的な見解ですが、性教育って大事だよなー、と、思っております。何回か記事でも書きましたが。

や、ざっくりハイタッチが性教育番組だなんていうつもりはないですけど。それでも番組作りのプロが、一応みんなが楽しめるようにと思って作った、加工された笑えるエロなわけで。
それで笑ったり、時には興奮したりするのって、性に対する距離感をつかむために重要なんじゃないか、と俺なんかは思うんです。

学校の教科書で学ぶ固い性教育か、もしくはAVとか、エロサイトでしか性に触れることができない、って、性に対する距離感が両極端すぎるんではないかと思うんだけど、どうなんだろう。

そういう両極端じゃない、エロはエロだけど笑えるエロもあるんだよ、明るいエロもあるんだよ、みたいなグレーな部分を学ぶための場として、公共の電波の深夜枠は、エロを流す必要がある!と、いう考え方も一つあるんじゃないですかね。

そう考えると、視聴者がなんと言おうが、下品だ不快だと言われようが、深夜枠にエロを流す意義は、ある!それは、公共の電波として!・・・っつってね(笑)

うーんだから、わかんないけど、例えばあるテレビ局が、公共の電波として金曜日の深夜2時から4時までの間は結構エッジの効いたエロの番組を流します、と。
そういう宣言を予めしちゃって、その時間帯のその局は録画できないようにする、とかさ。そーゆー、決め事を作ることは、できるんじゃないかなー。

あくまでも公共の電波に、多少のエロを乗せることが、公共の利益になる、という前提ですが(笑)
エロなんて、公共の電波の役割に入れる必要はない!という考えもそれはそれであると思いますけどね。

あくまでも今回の記事だけ見た感想ですけど、BPOの言ってることが、あまりにも「ただの視聴者」過ぎると思います。
テレビ局が持つ公共性と、エロについて公共の電波が持つ意味、というのを一回ちゃんと考えたほうがいいんじゃないのか。

下品だから、やめろ。視聴者が騒ぐから、やめろ。そーゆー、短絡的な考え方じゃなくて、さぁ。と、思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

comic1.png

それを言っちゃぁ元も子もない(T_T)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ニュース読んでみて、ってか、ゴジラ好きのぼやき。 [ニュース読んでみて]

12月10日のリアルサウンド映画部、「庵野秀明と樋口真嗣がタッグを組んだ『シン・ゴジラ』メインビジュアル&特報映像公開へ」記事です。

庵野秀明と樋口真嗣のタッグで製作された『シン・ゴジラ』の公開日が7月29日に決定したそうです。
あわせて、最新ビジュアルが明らかになり、映画公式サイトとYouTubeでは特報映像が公開されたとか。

詳細は元記事を読んでくださいな。

あの、俺、ゴジラ大好きだったんですよ。
久しぶりの日本での新作ってことで、期待したいですねぇ。


その、俺の希望ってことで言うと、あんまりややこしくしてほしくない、んだよなぁ。

俺がゴジラの何が好き、って、つえぇ、ってことなんです。
圧倒的な存在感と、強さ。
正義とか悪とか関係ない、とにかくただただ強い。
そーゆー存在である、ゴジラが好きなんです。

なんかあんまり世間の評価はよくないみたいですけど、誰が何と言おうと、ゴジラFINAL WARSが俺は大っっっ好きです。

なぜならゴジラが超強いから。
異星人がつれてきた、歴代のゴジラ映画に出た怪獣と戦って全部ひねりつぶすんですよ、ゴジラが。
で、別にそれが人類のためとかそういう動機が全然ない。
何なら怪獣全部倒した後最大の脅威となるのがゴジラだ、みたいな。
正義とか悪とか、そんなんじゃない、純粋な力の化身というか、暴の化身というか、そーゆーゴジラを描き切った、ゴジラFINAL WARSが大好きです。

ストーリーが破たんしてるとかね、そんなんどうでもいいんですよ。
ゴジラが強ければそれでいいんです。

ストーリーの整合性をとるために、多少ややこしくなるのはまぁ良いんですけど。
ゴジラ自体をややこしくするのは嫌なんだよなぁ。

なんか例えば、ゴジラの心の声が聴ける少女が出てきて、ゴジラは実はとても悲しんでいる、って言い出す、とか。
昔小さい時のゴジラを助けた子どもがいて、人類の脅威と呼ばれるようになった今でもその子のことは忘れてない、とか。

そんなん全部雑音!
とにかくゴジラは超暴れん坊でいてくれればそれでよし!
仮にストーリーがややこしくなるとすれば、人類が超暴れん坊のゴジラをね、どうやっつけるか、そのやっつけ方がややこしくなる、くらいのことは、許す!


あの、漫画で言うと、範馬勇次郎的な。
範馬勇次郎も正義とか悪じゃない、圧倒的な暴の化身ですから。あーゆーゴジラでいてほしいんだよなー。

ゴジラというと、1954年の初代ゴジラを出して、反核の思想を持ってないとダメだ、みたいなこと言う人もいますけど。
反核の思想を持っていたのはゴジラという映画自体であって、ゴジラというキャラクターではない、と思うんだよな。
初代ゴジラの中でも、もちろん人類のせいで望まない怪獣化をしてしまい、人類の脅威となってしまった、というバックボーンはあるにしても、ゴジラというキャラクター自体は、とにかく恐怖の対象であり、暴の化身だったと思うのだけど。


なんか、他の怪獣とともにより強い怪獣に立ち向かうゴジラとか、見たくないんだよーぅ。ゴジラはとにかく最強でないとイヤなんだーぃ。

はーぁ、寝よ。

comic1.png

腰が引けてるしね。腰が。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

基礎学力が重要なのは凡人であり。最高峰の技術者にそんなもんは必要ないよ! [ニュース読んでみて]

久しぶりに記事更新します。2週間ぶりくらい?
一生懸命更新してると、ランキングが3桁台になるんですけど、更新しないとあっという間に4桁ランキングになるなぁ(笑)
更新しなかったのは、仕事の繁忙期とか、体調崩したりとかそんな理由なんですけど、この2週間懲りずにブログ見に来てくれた方、ホントにありがとうございます(*^。^*)
また3桁台に返り咲けるようにマメに更新します!でもニュースで書きたいと思う記事がないとアレですが!逃げ道を作る、俺(笑)

12月3日、J-castニュース「『9-3÷1/3+1』が計算できなくて大丈夫なのか? 1部上場企業技術者『小学生以下』学力の実態」の記事です。

大手企業の技術者の多くが、中学入試で出題されるような理数系の基礎的な問題を解けないことが、神戸大学や同志社大学などの研究グループの調査でわかったそうです。

記事の概要はこんなかんじ。元記事の方で、詳細はお願いします。

・調査は2014年度に1部上場の製造業9社に在籍する主に20代の技術者1226人を対象に実施。
・「技術用語を除けば、文系出身者でも解ける常識問題」→結果平均は56.66点(100点満点)、このうち「9-3÷1/3+1」という計算問題では、正答率が6割を切った。
・ネット上の反応「中1のときに同じ問題習ったわ」「技術系では『/』は除算と認識するからねぇ。『9-3÷(1/3)+1』なのか、『9-3÷1÷3+1』なのか、この問題では読み取れない。いじわる問題だね」
・企業が採用時に学生に求める能力と実際の能力の差が広がっているのは間違いないようだ


へー。


その、俺が思ったのは、この記事書いた記者みたいな考えの人がたくさんいるから、日本の優秀な研究者とか技術者って海外に行っちゃうんだろうな、ってことで。


個人的な見解ですが、基礎学力ってとっても大事だよな、と思ってます。


なぜそう思うかというと、俺を含めた凡人については、基礎学力があった方が生きやすくなるから、です。

まぁ、最近だと本当に必要な基礎学力ってなんだ、みたいな話もありますけど、ひとまずそれは置いといて。

基本的な文章能力とか、計算能力があった方がいろいろ考えとか組み立てやすいし、学歴とかもね、学力があった方が積み重ねやすい。学歴があった方が就職にも有利なのだとすれば、特に才能の無い凡人はね、とりあえず基礎学力を得ておくのは間違いではないんでないか。

が、それは、俺みたいな凡人に限った話であって。


才能がある人について、基礎学力が必要とは思わない、わけ。


例えばその、錦織圭選手は13歳とかでアメリカにわたってテニスをしてるわけで。
そこから現在まで、どのくらい勉強ってことをしてるかは分かんないけど、錦織圭が日本の高校まで行って、基礎学力をつけるべきだった、なんて誰も思わないでしょ。
仮に錦織選手が「9-3÷1/3+1」が解けなかったとしても、誰も何も言わないじゃないですか。

他にもね、例えば中卒で芸能界で成功してるとか、起業して成功してるとか、スポーツで成功してるとかね、特別な才能を持ってる人については別に基礎学力なんか必要ないと思うわけです。
基礎学力なんかつけてる暇があったら、才能を伸ばした方がよっぽど有意義だ、って人は、数は少ないけど絶対存在する。

って、いうところ、つまり基礎学力なんかつけてる暇があったら、才能を伸ばした方がよっぽど有意義だってところに、記事に出てくる技術者もいると思うんですけど、どうなんだろう。

その、「現在、企業ではこうした基礎学力のある技術者とない技術者が共同で作業しているような状態で、企業側も学力不足の技術者の研修や授業に取り組んでいます。基礎的学力については、年配のベテラン技術者のほうがもっていますから、その方々が辞めてからが大変になるでしょう」っていう話が記事の中にありますけど、

大変になるとしたら、どういうことが大変になるのか?
大変になることがあるとして、その大変なことを解決するベストの方法が、第一線にいる技術者が基礎学力を身につけることなのか?

その辺のことって、何にも考えてないのかな、と思うわけです。


例えば錦織選手が、国語力が無くて、契約書の文章を読む能力が無くて、不利な契約を結ばざるを得ない、という状況があるとしますよね。実際錦織選手の国語力がどうなのか知らないけど。

その状況を解決するベストの方法が、錦織選手が国語力を身に付けることか?違いますよね?信頼できる敏腕マネージャーを付けることですよね?錦織選手はテニスの実力を高めるべきなのは決まってるんだから。


他にも、例えば中卒で、計算が苦手な剛腕社長が、会社の決算とか、会計とかのことを見るのが難しいな、と思ってる、って状況があった時に。

その状況を解決するベストの方法が、剛腕社長が算数、会計を学ぶことか?それもおかしいと思うんですよ。優秀な会計士を雇えばいいじゃない、と思うんです。


技術者の基礎学力が下がってようが関係ないじゃん、と思うんですよ。
それこそ最先端の技術を開発する技術者なんて、ホント天才というか、ある部分で一流の人間だと思うんですよ。基礎学力が下がってようが、技術の水準をぐいぐい引き上げてるんなら全然関係ないと思うわけです。
基礎学力が下がってることが、何らかの弊害を生むのであれば、基礎学力の部分をフォローできるアシスタントを付ければいいんじゃないの?


なーんかな、学歴コンプレックスがあるのかな、この記事書いた人。と、勘ぐってしまうなぁ。

日本の、技術水準を引き上げている最先端の技術者がさ、どうしたら最も力を発揮できるか、ということを考えるのが、凡人の務めだと思うけど。

技術とか、学力的な分野の話なのかなぁ。日本的な、基礎学力とかのね、枠をはみ出てる人を一生懸命バカにする、足を引っ張る、そーゆー人がたくさんいるから、日本のトップの研究者とか、技術者は海外に出てくんだろうな。
くっだらねぇプライドが邪魔して、最前線にいる技術者の基礎学力がないとか、揚げ足をとるのが正義だと思ってる大学教授とか、記者とか、その辺が日本の技術力が諸外国に出ていく根本原因ではないのか?

基礎学力なんか、俺みたいな凡人が身に付けるってことは必要だと思いますけど。
第一線で活躍する天才に、基礎学力とか、そんなもん必要ねーだろ、と、思った、という話です。天才には、補助を付けて、才能を存分に発揮してもらう方が、国のためにもなると思うよ~

「9-3÷1/3+1」ですか。
習ったのがずいぶん昔だから、僕解けませんでしたよ。
解けなかったけど、僕ノーベル賞取れましたけど。

みたいなこと、最近の日本人ノーベル賞受賞者が言ったらいいのにな!超面白いのにな!

はーぁ、寝よ。

comic1.png

自分が天才と勘違いするバカを、どうするかが最大の問題かも(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog