So-net無料ブログ作成
検索選択

薄くすりゃいいってもんでもないでしょうに。世界最薄コンドーム。 [ニュース読んでみて]

2016年2月25日のAFP、「中国でコンドームの「世界最薄」めぐり訴訟、日本メーカーが敗訴」という記事です。

世界で最も薄いコンドームについての訴訟に決着がついたそうです。

詳細は記事見てもらうとして、ざっくり記事を4点でまとめるとこんなかんじ。

・「世界で最も薄いコンドーム」の表記をめぐる中国のメーカーと日本のオカモト(Okamoto)との長期にわたる法廷闘争に、中国の裁判所は22日、中国のメーカーを支持する判決を言い渡した
・中国メーカーの世界最薄コンドームは0.036㎜、オカモトのコンドームは0.038㎜
・中国のメーカー:オカモトが誇張した表現で消費者を「欺いた」「わが社を侮辱したのみか、わが社の消費者をも侮辱した」と話した
・オカモト:「われわれは(2012年の)ギネス世界記録登録後、数年間にわたって『世界で最も薄い』というフレーズを用いていたが、もうすでに使っていない」


ふーん。


まぁ、中国のメーカー言いすぎじゃねぇかとか、

そんなに薄くて強度は大丈夫なのかとか、

0.002㎜の差なんか最早人間に探知できないだろとか、

技術力を見せるためのもんなのかなぁとか、

いろいろツッコミは思いつくんですけど、すみません、4コマが描きたくなっただけです。

comic1.png

やっぱりね、強度試験はしっかりやってもらわないとね!
何ピストンに耐えられるか、とかね!
で、その模様を見られるようにしてもらわないと!
安全には敏感ですから、ぼかぁ!
ちゃんと品質に納得してから買いますよ!・・・使うかどうかはともかく!



・・・なーんか最近、下品な4コマが増えてる気がする!

はーぁ。寝よ。


もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

元少年Aが、有名税すら払わずに有名になりたいなら、甘えすぎだろ。元少年Aの価値は、せいぜい元少年Aであるってことしかないんだからさ。 [ニュース読んでみて]

2016年2月20日のJ-castニュース、「『元少年A』は『文春に怒る資格ない』! 『子連れ狼』小池一夫さんのツイートに賛否広がる」という記事です。

神戸連続児童殺傷事件の犯人とされる元少年A(33)の近況を写真つきで報じた、2016年2月18日発売の週刊文春が波紋を広げているそうです。ネットの一部では、顔写真を掲載する行為は「単なる私刑」だとして、今回の報道を問題視する声も出ているんだとか。

こうした意見に対し、漫画「子連れ狼」などの原作者として知られる小池一夫さん(79)は、「元少年Aは殺人をネタに商売したのだから、週刊誌に写真を掲載されても仕方がない」と主張しているという記事です。

詳細は元記事を読んでもらうとして、無理に概要を4点でまとめると、こんなかんじ。

・小池一夫さんは、以前から一貫して元少年Aの行動に批判的な姿勢を貫いている
・小池さんは2016年2月18日、ツイッターで、週刊文春が元少年Aの写真を掲載したことについて、「自ら表舞台に出てきたのだから仕方がない」
・ネットでは賛否両論
・小池さんの反応「彼は、処刑台に引きずり出されたのではなく、自ら処刑台に現れて世間を挑発したからなあ。しょうがないと思う」


ふーん。


ま、大方の予想通りヤフーのコメント欄見ても大体小池さんの意見に賛同するコメントが大多数なのですが。


俺が思ったのはね、週刊誌ってそもそもそういうもんじゃん、と。

少年法の改正や遺族への配慮なんてとってつけた言い訳に過ぎないなんてコメントもあるそうですが、そもそも週刊誌の存在意義って、取ってつけたようなもんじゃん、と(笑)


つまりね、元少年Aって、「有名人」として生きていこうとしてると思うんですよ。
手記を出版したり、公式サイトを立ち上げたりね。
まぁ、例えば公式サイトからのアフィリエイトとかで食ってこう、みたいなことを元少年Aがどれくらい本気で考えてるかは知りませんけど、でもやってることはそういうことでしょ。
本を出して、あるいはサイトとか立ち上げて、名を売って「有名人」として生きていこう、という。

俺なんかもね、こんなしょぼいブログですがちょいちょい更新したりしてね、有名になれたらいいな、という感覚が0かと言われたらちょっと完全には否定しにくい(笑)

が、元少年Aが更生してないと思われるのは、
自分が元少年Aであることを、
自分が有名になるためのアドバンテージとしている。

ってことでしょ。

だから反省してないだの、殺人をネタに商売してるだの言われるわけで。


仮にですけど、元少年Aがホントに何にも贅沢は望まない、普通に暮らせればそれでいい、っつって、罪を償った後おとなしく暮らしてればそれはそれでよかったんでない。

あるいは、有名になりたかったとしても、自分が元少年Aだということを明かさず、完全に匿名で小説かなんか書いて、それが売れて有名になる、とかならまだ分からなくはない。

元少年Aがカスだと思うのは、有名になるために自分が元少年Aである、殺人鬼である、ということを利用しているということなんだと思うんです。


で、ね。


有名になるために自分が元少年Aであることを利用する、いいか悪いかは別にして、それってすっごく功を奏していると思うんですよ。

つまり、仮にですけど俺が今までの人生を振り返って手記を出版しても全く売れないと思うんです。思うってか、売れないけど(笑)
今もブログとかやってますが、元少年Aのホームページのアクセス数の足元にも及ばないでしょう。

世の中に素人が書いてるブログ、ないしはホームページもしくは自費出版の本って星の数ほどあれど、同じ素人が書いてるものとしては元少年Aのものってトップクラスに売れたり、読まれてると思うんですよ。
少なくとも、売れるまでの期間は尋常じゃなく早いでしょ。

それは、自分が元殺人鬼である、ってことを、最大限生かした結果である、とも言えると思うんですね。


じゃぁさ。

週刊誌ってそういうもんじゃん、っていう最初の話に戻りますが。

自宅見張られたり、突然突撃取材受けたりすんのってさ。

もう、

それ、

有名税じゃん。


週刊誌はさ、有名人を追いかけて、世間の下世話な欲求に応えることが仕事なんだと思うわけですよ。

最近の大きいニュースだと不倫とかを報道してて、まぁ不倫は一応法には触れないにしても倫理的にはダメなわけですが、

なんなら別に法律にも倫理にも触れない、熱愛!みたいのですら有名人は自宅に張り込まれたりするわけでしょ。


いいか悪いかじゃないんですよ。
週刊誌ってそういうもんじゃん、ってことなんです。


例えば、歌手として大ヒット曲を出したから有名になった人、あるいは俳優としてハリウッド映画に出て有名になった人、とかはね、法に触れてなくたって熱愛の疑いがあったら週刊誌の記者に自宅に張り込まれたりするわけです。

それをさ。手記を出しました、ホームページを開設しましたと。ただの素人が書いたっつったって、有名になる可能性はまぁほぼないですよ。でもそれを有名にしようとして、元少年Aの、っていう付加価値を付けたわけでしょ。


でさ、結果、有名になったわけですよ。


そのね、有名税は払ったら?と思うんですけどねぇ。


元少年Aとか、元殺人鬼とか、被害者の心を傷つけてるとか、反省してるしてないとか、

その辺を、完全に!一切!無視したとしても、文春の取材にキレるのは筋違いだと思いますけどね・・・

文春の記事きっかけで、絶歌も売れたでしょう、ホームページのアクセスも伸びただろうしね~


あ、ちなみに、俺の絶歌出版の時の感想記事はこちら。こんなことしたってアクセスは伸びないよぅ、俺のブログは(笑)


はーぁ。寝よ。

comic1.png

こーゆー奴が、有名になりたいとか思っちゃいけないんですよ!なんにも具体的なプランの無いヤツは!!

comic1.png

こーゆー人がね、なるべくしてなるのだから、有名になったり、金持ちになったり、さぁ。

ちょっと思いついたので、急に4コマ2個描いてみました(笑)この二人が一番書きやすいわ~、結局。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

そろそろいい加減、「べき論」では、「だれも救えない」ってことを考えた方がいいのでは? [ニュース読んでみて]

2015年3月20日、ヤフー個人の「母を責めれば子どもが死にます。偉い人にはそれがわからんのです。」という記事です。
・・・あの、いつも参考にしてる記事から比べると古い記事なのですが、最近見まして、なるほどと思ったので、書きます。俺の中には無かった、俺からしたら新しい考え方だと思ったけど、でも俺が普段考えてたことともつながるなー、と。


えーと、小川たまかさんというライターさんの記事で、虐待されている子どもを救うには、その親を救う必要があるだろう、という記事です。
記事の概要をまとめると、こんなかんじ。

・日本では、10代の妊娠等について、こういった女性(母)に向けられる言葉は非常に厳しい。
・ドイツの10代の母や、日本で言えば子どもを放置してしまうような母親に向けたポスターでは、「私たちは匿名で確実にあなたを助けます」という内容があったりする
・なぜ女性たちを助けようとする言葉をポスターに書くのか。それは言うまでもなく、子どもを救うため
・「甘えるな」「子育てぐらい自分でしろ」「産んだら自己責任だ」。しかしそれは、その親の元に生まれてきた子どもに対して「自己責任」を突きつけるのと同じ


うーん。
なるほど。


その、俺の中には無かった考え方です。
子どもを虐待したとか、放置したとか、トイレに出産してそのまま流したとかね、ニュースとしてあるじゃないですか。
やっぱりそういうニュースを見ると、何やってんだ、この親は、と思ってました、俺もね。そのことを別にあえてどっかの掲示板に書き込んだりはしなかったですけど、でも考えてはいましたから。
そう考えると俺も、そういうケアが必要な親を追い詰めていたウチの一人であって、放置とか、虐待されて死ぬ子どもを、殺す一因を作っていた一人なのだなぁ、とも思いました。


で。


そっからもうちょっと考えたことがありまして。

この記事の内容って、(少なくとも日本では)教育とか、福祉とかに造詣が深い人は気づくけど、そうでない人は気づかない内容なのかな、とも思うんです。
少なくとも俺の中には無かった考えだし、この記事の元記事のDr.keiさんのブログ「Dr.keiの研究室」のコメント欄見ても、何言ってんだバカ、みたいなコメントたくさんありましたしね。
だからこの記事は間違いだ、なんていうつもりはないし、俺はそういう考え方もあるんだ、なるほどなぁ、確かにそうだなぁ、と思ったけど、少なくとも(日本では)一般的な考え方ではない。

こーゆー考え方が一般的でないのは、何が問題なんだろうか、ってことを考えてみたんですよ。


そん時に俺が思ったのが、いわゆる「べき論」って、ホント誰も幸福にしないよな、ってことで。


つまり、母親とは、父親とはこうある「べき」、子育てとはこうする「べき」、みたいなね。
日本人特有なのかなぁ、「べき論」が強すぎて、すぐ誰かを叩いたり、炎上したりするような気がするんですけど。


今回の記事で言えば、
「親とはこうある『べき』」

最近話題の記事で言えば、
「結婚したら配偶者一筋である『べき』(不倫をする『べき』ではない)」

とかね。


あの、全然、それが悪いことだと言うつもりはありません。
「べき論」というのは、いろんな人がいて、そのいろんな人がそれぞれ、人は、自分はこうある「べき」という理想論を持っている、ということであって、自分はこうありたい、という理想像を考えている、ということだと思うんですね。

だからその、記事の中で出てきた、「甘えるな」「子育てぐらい自分でしろ」「産んだら自己責任だ」という部分だって、100%間違いとは言えないと思うんです。理想論として、自分の中でこうしていきたい、という姿として、こーゆー姿があるんですよ、こーゆー発言をする人の中には。


ただね、それを声高に言ったからといって、誰も救えない、と思ったのが、俺の中のこの記事を読んでの感想なんです。


確かにその、10代で妊娠・出産した母親は、世間の「べき論」からは外れているでしょう。もし相手の夫も10代で、とかってなったら、ますます「べき論」からは外れるんだろうな。

俺がそういう風になりたかったかというと、そうはなりたくないです。10代で彼女を妊娠させて、夫婦になって、それは俺が理想とする、こうある「べき」ってことからは外れてます。

ただそれは、10代で妊娠した夫婦は、俺の「べき論」からは外れている、ということでしかないんですよ。

が、俺が、例えば10代で妊娠した夫婦に対し、

お前らは、俺の中の「べき論」から外れている!!

と、主張することが、現在10代で妊娠している母親、あるいはその子供を、「救う」、ことには全然ならない。それがこの記事の内容だと思うんですね。

あの、念のため言っておきたいのは、別に虐待して子どもを殺した親を擁護する気はまるで無いんですよ。
そういうことをしてしまった人はちゃんと司法の裁きを受けて罰を受けないとね、と思います。


それは、それ。


罪は罪として償えばいいじゃないですか。

罪をちゃんと償った人をどうやって社会復帰させるかとか、新たに虐待される子どもを作り出さないためにどうするか。

みたいなことは、自分の中にある「べき論」を一生懸命振りかざすことでは絶対生まれない、と思うんですよね。非生産的すぎると思う。


何が言いたいかと言いますと。

各人が、それぞれの中に「人は(自分は)こうあるべき」というそれぞれの「べき論」を持つのは別にかまわないと思うんですけど、

その自分の「べき論」から外れた人を、自分の「べき論」を根拠に叩くのは、あまりにも非生産的すぎる。何も生み出さないし、誰も救えない。せいぜい、同じような「べき論」を持っている人の溜飲が下がるくらい。

で、あれば、どうやったら問題が解決するのか、少しでも苦しむ子どもを減らせるのか、とかね、そういう問題意識で動いた方がよっぽど生産的でしょう。

今回参考にした記事では、


先日の川崎中1男子殺害事件では、なぜか被害者の母親に対して批判の声が上がった。
林真理子氏も、小林よしのり氏も、被害者の男子生徒がこんなことになったのは母親の責任でもあるという内容を書いた。


と、言う部分があったんですけど。

日本では、文化人と呼ばれるような人でも、自分の中の「べき論」を振り回すことしかできないんだな、と思って。しょーもな。

「べき論」が悪いとは言ってません。ただ、「べき論」で人を叩くのは生産性が無さすぎる、という話。です。


はーぁ。寝よ。

スポンサーリンク




nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

モテ力と書いて、もてぢからと読む。モテ力が高いってことに昔はどれくらいの価値があったのだろうか。 [ニュース読んでみて]

こないだ書いた記事(育休取得しようとしてた議員が不倫して辞職、こーゆーのがモテて俺がモテない理由を考える)を書いた後でやっぱり考えが広がりまして、また続けて更新します。こーゆーモテない系というか、童貞系の記事は考えが広がりすぎるなぁ(笑)


こないだ記事書いてから俺が思ったのはね、お見合いってなんてすばらしいシステムなのか、ということなんですよ。


その、人格を磨く、自分を高める、頑張る、とかね、そーゆーことって少なくともモテに関しては全くつながらない。
モテるためには、モテるためってとちょっと語弊があるかな、別に最愛の人に振り向いてもらうため、とかきれいな感じで言ってもいいんですけど(笑)
ある女性から好かれる、ためには自分磨きみたいなことなんか必要なく、モテるための努力が重要だ、というのが前回書いた記事の趣旨なのですが。

あの、日本人て、基本苦手だと思うんです、その、モテの技術を高めるのって。
欧米とかだとね、レディファーストみたいな文化があったりとかね、女性からモテるための技術ってそれなりに文化の中にあったんだと思うんですよ。

でも、日本では女性をエスコートする技術みたいのって別に体系立てられてないじゃないですか。あえて言えばバブル期にそーゆーのをやってたのかな?女の子誘うには車は必須、みたいな。でもそれも、金たくさん持ってるから金にあかせて、みたいなことだろうからなー。文化とは言えないよなー。下品(笑)


で、ね。


例えばモテ力(もてぢから)が低い。低いけれど周りに慕われている、とか。
モテ力が低い。低いけど周りに愛されている。とか。

そーゆー人っているじゃないですか。急にモテ力とか言い出しますけど。もてかとしか読めんな、これ。

そーゆー人同士をくっつけてたのが、お見合いなんじゃないかなー、と思うんですよね。

分かりませんけど、日本人全体の平均モテ力は低いのではないかと推測します。
もちろん高い人もいますけどね。平均は、低い。

それは、文化的な要因であったり、いろいろ原因はあると思いますけど。

でも、ちゃんと真面目に生きていれば、周りに愛されたり、慕われたりして、アイツはいいヤツだ、という評判が広まり。

周囲の人が、あの子はいい子なのよ~、かなんか言って、お見合い相手を連れてきて、結婚する、みたいな。

ここでポイントとなるのは、その結婚した二人は、決してモテ力が高まったから結婚できたわけではない、ということです。だからもしかすると、現代に生まれてれば結婚できなかったかもしれない。


まー、結婚生活を続けていけるかってことも問題ではあるし、結婚したら豹変するような人もいるらしいですから、絶対うまく行くわけではないでしょうけど、少なくともモテ力が高いだけのバカタレと結婚しちゃう、みたいなことは今より少なかったんでねぇかなぁ。一応周囲に評価されてる人同士がくっついたはずだろうし。


前に見た記事では、結婚前にたくさんの人と付き合うのはあんまり良しとされなかったけど、結婚したら多少の浮気は男の甲斐性だった、なんて書いてありましたけど、それってつまり、モテ力が高いだけのヤツって日本では信用されなかった、って側面もあるのでは?


日本人は全体的にモテ力が低い、ということを日本人は自覚していて、

かつモテ力が高いだけのヤツは信用されない、という側面もあり、

モテ力が低い、良いヤツ同士を結婚させてたのが、お見合いなのではないかなぁ、と。

と、思った、という話です。


良いヤツ、とはよく言われるんだけどな~!モテはしないんだよ、決して!!俺!!!


はーぁ。寝よ。

スポンサーリンク




nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

育休取得しようとしてた議員が不倫して辞職、こーゆーのがモテて俺がモテない理由を考える [ニュース読んでみて]

2月12日、産経新聞の「イクメン装い身重の妻を裏切った宮崎謙介議員の自覚なき言動の数々… 政府・自民党も怒り心頭 ナメてんじゃね~ゾ!」という記事です。

育休を取得しようとしていた衆院議員、俺もこの記事(もはや議員が育休取れるか取れないか、みたいなレベルの話じゃなく)で取り上げましたが、不倫して議員やめたそうです。

以下、記事の概要。詳細は元記事で。

・宮崎氏は妻の金子恵美自民党衆院議員が出産直前の1月30日から31日にかけて、自身の選挙区である京都市内のマンションに30代の女性タレントと宿泊
・宮崎謙介衆院議員=京都3区=が12日午前、国会内で記者会見し「信なくば立たず。国会議員のはしくれとして、自らが主張してきたことと軽率な行動のつじつまが合わないことを深く反省し、議員辞職をする決意を固めた」と述べ、議員を辞職する考えを示した
・「国民に深い政治不信を与え、党や関係団体に迷惑かけた。議員辞職が一番のけじめになると思った」
・宮崎氏は金子氏の出産に合わせて育児休業を取得すると表明。国会議員の育休制度化に向け、同僚議員らと活動していた

はっはっはっはっは。


ただの、バカだったよーぃ!

やー、なんか、もう、笑っちゃいますな。一応前に記事にした時は、応援する感じで書いたんですが、これは、もう、ダメだ。

普段その、不倫で議員が辞めるとかってなると、例えば国際的な大きな交渉をしてる人、とか、経済に関して大きく舵を切ろうとしてる大臣、とか、そーゆー大きな問題に携わってる人だと、不倫で今やめるってのはどーなの、と思ったりします。
不倫は問題だけど、今関わってる大きな問題が解決して、落ち着いてからちゃんと説明して、やめるならやめればいいんじゃねぇの、と。足引っ張りたいだけの批判とか、議員降ろしってどうなのかな、と。

が、これはもうしょうがないな~。

有名になったきっかけが育休だもんね。
子どもが生まれたら、きちんと育休取って、奥さんと二人三脚で子育てしていきます、みたいな考えの人なのかなぁと思いきや、不倫だもんね。
育休取るのは、愛人との時間がたくさんほしかったのかな、と思っちゃいますもんね。

別に大した実績があるわけじゃないみたいだし、さっさとやめて消えるんならそれはそれの方がいいのでは。

これでまた、育休取ろうとしてる人の印象悪くなったりしたら最悪ですよね~。これから育休取ろうとした人が、何、不倫相手でもできたのか?と職場でいじられ、余計育休取りにくくなる、とかさ。
結構、罪は大きそうだなぁ。


で、ね。


こんなバカな記事をきっかけに、一応普段ニュースを読んで記事を書くブログをやってると、なかなか書くことにならない俺の考えについて書いてみようと思います。
バカな議員が出てきてホントによかった!ここに関してだけ言えば!


あの、俺がモテないモテないという話はブログに何回か書いてますが、まぁ実際モテないんですが、

じゃぁどんな人がモテるのか?

ということで俺なりに考えたことを書きます。


どーゆー人がモテるかっつーとね、

モテる人が、

モテる。

・・・

・・・・・・


や、待ってください!!

言いたいことは分かります!!でも、結論を先に行っただけなので、ちょっと俺の考えを聞いてください!!


その、童貞だったころ、ホントに童貞であるってことがコンプレックスで、俺。
それはなぜかというと、この記事に出てくるようなバカがいるからなんですよ。

つまり、クズじゃないですか、この男。他にも例えば、DVしちゃうようなヤツとか、何股もかけちゃうようなヤツとか、いろいろいて、そいつらは童貞ではないどころか結婚もしてて子どももいたりする。

に、対して俺はなんだ、と。
まぁ、自分が一流の人間だ、とは思わないけど、それなりにいろんなこと努力したし、ある時には認められるような場面もあった。
あんなヤツらでも、愛してくれる人がいて、結婚して、子どもができたりしてるのに、俺はいないってことはじゃぁ、それ以下か、と。
俺が努力しようが何しようが、俺はアイツら以下なのか、と。

その、人間的な評価と、モテるってことが直結するような気がしてたんですよね。


そんでね。


モテる人がモテる、という言葉の理由なんですけど、まぁ、モテについてアドバンテージを持ってる人っているじゃないですか。

まぁ、身体的なこと。背が高い、イケメンである、とか。
才能があること。一流のアスリート、もしくは芸能人とか。
金を持ってること。社長とか、あるいは医者、弁護士とか。

そーゆー人たちは・・・まぁ100%とは言わないまでも・・・モテる。まぁ、少なくともかなりアドバンテージを持っている。


が、そんな人たくさんはいない。


そうじゃない人の方が世の中多いわけですけど、その中でもモテる人ってのはいる。
じゃー、どーゆー人がモテるかというと、

単純に、

モテるための努力をしてる人がモテるんだ、と。


その、人格とか、人生の中におけるその他の努力とか、一切関係ない。モテるための努力をしたヤツが、モテるんです。


例えばですけどね。

二人の空手家、AとBがいるとします。二人とも実力は同じくらい。

Aは、すごく人格者で、道場の子どもたちにも慕われ、武道家の鏡と言われるような人物。
Bは、ケンカ強くなるために空手を始めた乱暴者で、強くなってからも暴れまわり、結果慕われてもない、周りは敵ばっかりのクズ。

で、自分が同じように空手をやっていて、A、Bよりも実力が劣る、とします。


そん時に、まぁ自分は頑張ってAみたいになるぞ!と思うことはあっても、俺は空手の実力が、Bみたいなクズにも劣るなんて、なんてクズなんだ・・・とは、思わないでしょ。

ましてや、自分が空手を習ってすらいなかったら、俺はBと比べて・・・なんて考えない。ってか、比べない。


つまり、空手がつえーってことと、人格は別に連動してないし、そもそも自分が空手やってないなら、Bにコンプレックスを感じる必要なんかないってことです。


結局何がいいたいかというと、モテるクズってのは、モテる努力をしたからモテるんであって、別に人格云々のこととモテるってことは関係ない。

それは、空手が強いクズは、空手の努力をしたから空手が強いんであって、人格云々と空手が強いのは関係ない、みたいなことでね。


そう考えると、俺がモテないのはしょうがないよなぁ。だってモテるための努力をしてないんだもん。イケメン、金持ち、みたいなアドバンテージもないしね。
その代わりに、いろんなことに興味持ったり、考えたり、してるつもりなんですけどね。


そんなかんじで、ある時に、クズがモテてるけど、俺はモテてない、ってことに対して、折り合いをつけたわけです、俺の中で。

ホント言うと、そんなモテる技術ばっか磨いてきたヤツのことよりも、もっと俺とかを選んでくれればいいのに、とは思いますけど(笑)でも俺も、されたことないけどやたらボディタッチする女、で、クズ、とかに会ったら、あっさりオチるような気もするな(笑)


こんだけ長々と、自分がモテないことを自分の中で正当化するまでの話を一生懸命書くなんて、


ま、間違いなく俺は、クズだな、という話です(笑)


はーぁ、寝よ。

どうでもいいけど、今不倫した人のことゲスって呼ぶの流行ってんの?
週刊誌書いてるおじさんたちが、ゲスの極み乙女に絡めて!とか言って嬉々としてゲス不倫とか書いてるの想像すると、さぶくてしょうがないのですが。

comic1.png

アピール下手なだけで、いいヤツってこの世にあふれてると思うのだけど!

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

結婚の価値が下がってるから嫌婚、とかって、案外セカンド童貞の方が冷静に見られんじゃね? [ニュース読んでみて]

こないだの記事(ゲス川谷とベッキーの熱愛報道見ても、結婚のハードルが上がってるとは思えませんけど、俺は。俺はね!!)書いた後で、なんとなく考えが広がっちゃったので、書きます。割と最近、

思いついたこと書き散らかして

書き終わって読み返したら

なんか文章として成立してない

この文章ならこういうことが言いたかったんだろう

書き直して

あれ、俺こんなことが書きたかったんだっけ?まぁ、いいか

みたいなことが起こるんですけど、こないだの記事はそれが割と顕著に出まして。
だから、一応俺が書いた記事なんですけど、それきっかけで、俺の考えが変わってったりして、それで今日の記事を書いてます(笑)だから、自分で書いたことで考えが広がったりしてるんですね~
自由だわー、ホントに(笑)なんか言いたいことがあって書き始めるんだろうなぁ、ちゃんとした人は。


全体の底に考えとしてあるのは、今結婚に価値がなくなっている、という話なんですよ。


結婚はすばらしい、結婚はいいことだ、という考えが前提としてあるから、いろいろ間違うんじゃないかと思って。
悪いこととは言いませんけど、別に社会制度なだけなんだから、あんまり無条件でいいもんだっていう前提をやめといたら?と思うんです。


昔の結婚はね、そりゃぁ価値があったと思うんですよ。


参考にした記事の中にもありましたけど、

「『責任』をとって結婚した後では、ある程度の浮気は『男の甲斐性』として大目に見られてきた」

と言う部分は、

「結婚したということは、大人としての責任を果たしたということだから、多少羽目外しても大丈夫」

という意味にも読めるし、

「『妻の座』は強いのだから、浮気ぐらいで目くじらを立てず、どんと構えているのが賢夫人だ」とそれを容認することを求められてきた

と言う部分は、

「夫が何回か浮気したとしても、正妻はあなただし、最終的にあなたのもとに戻ってくるし、遺産とかはあなたのものなんだから、ドンとかまえてなさい」

とも読める。


だからもう、結婚したら、人生アガり、というか(笑)
すごく価値のある、結婚というものをしたから、夫はちょっと羽目外してもいいし、妻はもう人生安泰だし、みたいな。

でも今そんなことないですもんねぇ。
結婚はゴールでなく、スタートだ、みたいなさ。ゴールだったんじゃねぇの?昔って(笑)そっから第二の人生、みたいな(笑)

そこだけ見たって、結婚の価値って下がってると思うんですよねぇ。


そもそも結婚が個人のものではなかったと思うんですよ。

例えば家と家とがくっつく、政略結婚みたいなこともあったろうし。

まぁ、それは上流階級だけの話だったとしても、お見合い相手を紹介してくれた人、とか、仲人をしてくれた人、とかに、迷惑がかかるから結婚しよう、とかね。


に対して、今って、まぁ基本的には個人対個人の恋愛の結果としての結婚、でしょう。


その時に、例えば俺とお前が結婚すれば、そちらの家とこちらの家とがいい感じになるよね、とか。

昔からお世話になってる近所のおばちゃんにお見合い相手世話してもらいました、上司に仲人してもらいました、とか。


に、匹敵する、個人対個人の恋愛の結果としての、結婚に対して感じる価値、って何?と思うんですよ。
や、すっげぇ大恋愛、遠距離恋愛とかを経て結婚した人、とかなら匹敵する価値を感じてるとは思いますけどね。そんなんしてる人、そんなたくさんはいないでしょう。

なんかこう、何年か付き合って、同棲もして、でも結婚に踏み切れない、みたいのって、その辺が理由だったりするのではないか?
家と家がくっつくとか、そーゆー価値が無いから、結婚に対して価値を感じないんじゃないか。別に結婚しなくったって、そのままでいいと思ってんじゃないですかね。

だから、できちゃった婚とかを容認するかんじに今なってるんじゃない?それ以外に結婚する価値、というか理由がねーもん。子どもができたら、そら理由には十分以上でしょーよ。


コスパで結婚とか考える人のことは、俺もちょっとどうかと思いますけど、でもここまで結婚の価値が下がってたら、結婚をコスパで考えることも、ちょっとわかる、と思ったり(笑)一人だと老後さみしいよ、とか言われたって、実感が伴うわけないじゃないか(笑)


だからさぁ、結婚に新しく価値をつけるしかしょうがないと思うんです。
まぁ、国とか自治体からしたら、将来の発展のために子どもを産んでほしいだろうから、結婚+出産かなぁ。


だからもう、金じゃね?コスパですよ、コスパ(笑)夫婦、あるいは子どもいる人を、税制的に優遇するとかさ。
結婚した人はこの税金払わなくていいですよ、とか、子持ちの人にはこーゆー手当が国から出ますよ、とかさ。


当然その、結婚してないヤツは、子どもいないヤツはダメなのか、とか、そーゆー批判は出るとは思うんですけど。

当然俺も含めて、

今後日本という国で暮らしていく中で、

日本という国が今後未来永劫存続していくためには、

まぁ子どもがたくさん生まれて、人口が増えて、経済が発展していくことが必要なわけでしょ。

で、あれば、子どもがいる世帯をある程度優遇するのは当然じゃないですか。

子どもがいる世帯は未来の日本の発展に貢献してるんだもん。

で、子どもがいない世帯・・・まぁ、一人暮らしとかも含めて・・・

子ども作る、という面で日本の発展に貢献してないわけだから、

じゃぁ、金(税金)たくさん出して貢献するしかねーじゃねーの、と思うんですけど。理屈としてはね~


ここで重要なのはね。


俺は子ども産んで、日本に貢献しよう、
俺は結婚する気はないけど、その分たくさん稼いで、たくさん税金収めて、日本の未来に貢献しよう、

と、思えるだけの、日本の政治家が、政治をしてくれるかどうか、ってことですな(笑)


すごい!俺、今、政治を切っている!なんつって(笑)


なんかこんな結論になりましたけど、くだらないことだけ考えていたい俺が、政治の話に言及しなければならないほど、未婚化とか、結婚の問題って個人の問題では収まらないよな!
ってことで、綺麗にまとまったってことでいいでしょうか(笑)

はーぁ、寝よ。


もう一個重要なのは、夫婦は税金優遇される、とかで結婚率が上がるとすれば、それは同棲して何年か経ってるカップルが、結婚した方が得だから結婚しようか、ってなるから結婚するんであって、


決して、


そうなったから、


俺が、


結婚できるわけではない!!!
そーゆーことを言ってんじゃない!


と、言うことです。

辛い!そして、長い(笑)

スポンサーリンク




nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ゲス川谷とベッキーの熱愛報道見ても、結婚のハードルが上がってるとは思えませんけど、俺は。俺はね!! [ニュース読んでみて]

割とその、「嫌婚」で検索するとこのブログいい位置に出るみたいですね(笑)
この記事(一セカンド童貞から見た、結婚とか、嫌婚、についての考え方)が原因かしら?ちょっと読みにくいな、と思ったので、かるく編集してみました。多少読みやすくなったと思います。
で、似た感じの記事でまた書いてみたりして。

2月7日のヤフー個人、「ベッキーとゲスの極み乙女。ボーカルの熱愛報道から見る未婚化現象」という記事です。

ゲスの極み乙女川谷&ベッキーの熱愛報道見た社会学者が書いた記事だそうです。
こんな報道見たらそら未婚化も進もうさ、という感想を社会学者が持ったとか。

詳細は元記事を見てください、記事を4点でまとめるとこんなかんじ。

・ベッキーとゲスの極み乙女。ボーカル川谷絵音の熱愛報道を見るにつけ、社会学者として「これでは未婚化が進むわけだなぁ」という感想を持たざるを得ない
・結婚というハードルがあまりに高くなりすぎている
・一昔前なら、「責任」をとって結婚した後では、ある程度の浮気は「男の甲斐性」として大目に見られてきた
・「できちゃった」結婚くらいしか、結婚への背中を押すものはなくなってしまってきているとさえいえる



ほっほーぅ。


あの、この記事で俺が一番おもしろいと思ったのは、

(結婚という)「責任」をとって結婚した後では、ある程度の浮気は「男の甲斐性」として大目に見られてきた
妻のほうも、「『妻の座』は強いのだから、浮気ぐらいで目くじらを立てず、どんと構えているのが賢夫人だ」とそれを容認することを求められてきた

と、いうところなんですよ。


その、この考え方自体がね、正しいとかは全然思いません。男優位の考え方だし、妻の方には浮気を許さない考えだしね。

でもその、正妻が強い立場だ、ってのは面白いな、と思って。
今回の熱愛報道の中で、川谷妻って、かなり一方的に被害者ですけど、正妻はとても強い立場だ、ってイメージがいまだに世間の中にあれば、ちょっとまた世間の見方も変わったのかなぁ、なんて。


その、そう考えると、今回の記事ってちょっと違うんじゃねぇか、と思うことが一個あってですね。


この記事によるとね、結婚に対するハードルが昔より上がってることが未婚化につながる、みたいなことですけど、少なくとも俺がこの記事読む限りでは、結婚のハードルって、上がってるとは思えない。


そのね、分かりやすい方で言えば「妻の座は強いんだから」っていう部分で考えても、結婚ってことが強いのは分かるじゃないですか。結婚すれば、正妻の座を手にすれば、それは最強なわけですよ。
「結婚後の浮気は男の甲斐性」って部分に関してだってね、「結婚というすさまじいことをクリアしてるのだから、一回二回の浮気くらい許してやれ」と、読むことだってできるでしょ。

それで言うとさぁ、川谷夫からしたら、一回(かどうか知らないけど)浮気したくらいのことで世間からこんなに叩かれている、とも言えるし、川谷妻からしたら、一回(かどうか知らないけど)の浮気で「正妻」の立場が揺らいでるともいえるわけで、そう考えると結婚というもののハードルというか、価値って昔に比べるとむしろものすごく下がってるのではないか。


そうなるとね、問題は「結婚のハードルが上がっている」ことではなくて、「離婚のハードルが下がってない」ってことなんじゃないか、と思うのです。


その、「浮気は男の甲斐性」って考え方にしろ、「正妻の立場は強い」ってことにしろ、それは「離婚をしない」ってことが前提になってるんじゃないかと思うんですね。
例えば結婚ってことが、お互いの家同士がくっつく、みたいなことと同義だ、って時代からすると、それは結婚ってことの価値は大きいし、離婚は大事件だったと思うんですよ。その価値が大きい結婚をしてるから「浮気は男の甲斐性」だし、離婚しないから「正妻の立場は強い」、ってことだったんじゃ無いかと思うんです。
それって、結婚の価値がものすごく高かった、ってことだと思いませんか?

ただ、現代では結婚って個人対個人の恋愛の結果だったりするし、男の力ってものすごく下がってるので、結婚の価値ってものすごく下がってるのではないかと。
それなのに、例えば離婚してると言うと欠陥があるんじゃないかと思われたり、シングルマザーがものすごく苦労してたり、なんか離婚って結婚に比べると昔と同様大事件じゃないですか?

その、結婚ってものが大したことじゃなくなってる、単なる契約だ、と思ってる人って今結構たくさんいるんじゃないかと思うんですよ。
ただ、そんな程度の結婚に対して、離婚というものが割に合わなさすぎるんでなーい?


結婚率をあげたいなら、結婚のハードルは十分下がってるので、むしろ離婚についてのハードルを下げるべきなんじゃないか、例えば女性が離婚後もシングルとしてしっかり暮らしていける社会を作るべきなんじゃない?離婚とかしても、リスタートしやすい社会作りが重要じゃないか。

「嫌婚」というか、「嫌離婚」?
離婚がもうちょっとカジュアルになれば、状況は多少変わるんじゃないですかね。

と、思った、と言う話です。ただし、それで出生率が上がるかは知らないけどね!!!

はーぁ、寝よ。

comic1.png

潔いっちゃ、潔い(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

恵方巻きなんか流行ってねーよ!バイトにノルマが課されるのは問題だ、とかじゃなく、恵方巻きなんか流行ってねーよ! [ニュース読んでみて]

2月5日のJ-castニュース、「『恵方巻き』売れ残り、大量廃棄される 店員が『自腹で買い取り』強要されるケースも」という記事です。

「異常な量の恵方巻き残ってる」「26万円の廃棄」「100個以上捨てる」――。2016年2月3日夜、こんな悲痛なツイートがコンビニ店員から相次いだんだとか。
節分にあわせて入荷した恵方巻きが大量に売れ残り、それを廃棄している、らしい、と言う記事です。

・恵方巻きはもともとは関西地方で行われていたローカルな文化だったが、今では全国のスーパーやコンビニで大々的な「恵方巻きフェア」を見かけるように
・大量に廃棄される売れ残り品が問題になっている
・恵方巻きの『販売ノルマ』を、コンビニのオーナーが従業員に強要する例は少なくない
・大手コンビニエンスストアの見解「前年と比べて廃棄量に大きな変化はありませんし、需給を見越した発注を心掛けているつもりです」


ふーん。


あの、俺にはアルバイトにノルマを課すのがいいこととは思いませんけど、廃棄の量が的確だったのかは分かりません。
普段から廃棄の写真撮ってたら、恵方巻きやってた日の廃棄量が特別多いわけじゃないのかも知れない。

そー考えると、この記事ってツイッターにたくさん廃棄の写真があげられて、その勢いで書かれただけの記事である、とも言える(笑)

今年の恵方巻きの廃棄が、去年と比べて多かったのか少なかったのかもわからないし、普段の廃棄量と比べて多いのか少ないのかもわからないし、ノルマが課せられる問題だ、という記事だとしても、法的にどうか、とかもあんまり検証もされてないし、どーなんだろ、コレ。


その、俺が、言いたいのはこれだけです。


恵方巻きなんか、流行ってねーよ、バカ!!


・・・と。


え、ごめんなさい、俺、世の流行とかには人一倍疎いんですけど、流行ってないですよね?まぁ、この時期恵方巻きおいてるとこ多いからちょっと食ってみるか、と言う人はいると思いますけど、毎年大事にしてて、習慣として毎年ちゃんと恵方向いて食ってる人とか、いるの?いや、もともとその習慣があったという関西の一部の人は別として。

あの、俺2月3日ちょっと仕事遅くなったんですよ。
で、もう帰って飯どうしようかと思った時に、もういいや、遅いから安くなってるだろうし、っつって、スーパーのお惣菜コーナーによったんですけど。

お惣菜コーナー全部恵方巻きなのね。びっっっっくらこいたわ、ホントに。
丼ものとか、おにぎりとか、買おうかと思ったら、全然なくて、全部恵方巻き。
そして、超余ってる(笑)

いや、買いましたけどね、恵方巻き。だーって、それしかないんだもんよ!恵方も向かずに、短いのの味違いのヤツが3本セットになったやつを、酒飲みながら食いましたよ、そんなもん!しかも、半額になったヤツを!

あの、なんだろ、利益率が高いのかな?
海鮮恵方巻きみたいのは頑張って魚とか海老とか入れてる感じでしたけど、基本太巻きってたまごと、かんぴょうと、きゅうりとさくらでんぶと、みたいな感じじゃないですか。
で、まぁ、見たら結構いい値段するしね。安い材料でこの値段取れるんなら結構いいんでない?海鮮恵方巻きも、そんだけとったらそこそこ利益率はいいのではないか、ぐらいの金額はしてたしなぁ、定価は(笑)

記事の内容に文句言いつつこんなこと言うのもなんですが、なんか、なんの根拠もない俺のカンでは(笑)恵方巻きがすっごくはやると、利益率がすごく高くて、すごい儲かるんじゃないだろうか。そうでなくても、正月とか、バレンタインデーとか、クリスマスとか、最近だとハロウィンとか?季節のイベントごとって儲かるだろうからね。そーゆー、一年の中の、儲かるポイントをさらに増やしたいんじゃないですかね。

最終的に何が言いたいかと言うと、スーパーとか、コンビニとか、そーゆー、「流通させる側」の都合、で、恵方巻きとか無理にブーム作ろうとするの、やめたら?もう、無理だと思うよ?ってことなんですよ。
そーゆー、無理にブーム作ろうとして、ブームにもなってないのに、無理矢理流行らそうとしてとにかくたくさん仕入れちゃったりしたらコンビニの店長とか、バイトとか、弱いとこにしわ寄せがいくに決まってんだからさ。

時代が違うと思うんだよな~。
昔ならね、流通させる側がガンガン広告打って、広告とか、売り場を全部、今回みたく恵方巻き一色に染めてしまったら、あれ、こんだけ売り場に出てるってことは恵方巻きってすげぇ流行ってるんじゃね?とかって社会全体が騙されて、恵方巻きがホントにブームになってしまう、みたいなこともあったのかなぁと思うんですけど。

今は無理だよ~。
それこそ恵方巻きがやたら廃棄処分されてることがツイッターであげられて、俺みたいな、恵方巻きって流行ってないよな?と懐疑的な連中が、そのツイッターを見て、ほら、やっぱり流行ってないじゃん、という確信を得られる時代なわけだしさぁ(笑)


その、恵方巻きがたくさん廃棄されてる、ということとか、
恵方巻きをたくさん作りすぎて、それを売ることがバイトとかにノルマとして課せられている、ということが問題なんではなくて、

スーパーだの、コンビニだのの、「流通させる側」が、いまだに「流通させる側」の都合でブームが作れる、と思っている、その横暴さが問題なんでないか?と、思った、と言う話です。

はーぁ。寝よ。

comic1.png

なーんか、こんな光景いろんなとこでありそう(笑)2月3日は、家族みんなで手巻き寿司!みたいな方がまだ流行るんじゃないかなぁ。巻きパ!とか言って(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

処女奨学金のニュースを読んで、セカンド童貞の心がざわめいた話 [ニュース読んでみて]

2月1日のCNN、「『処女が条件』の奨学金に賛否両論 南アフリカ」という記事です。

南アフリカ東部クワズールナタール州のウトゥケラ市で、性経験のない女子学生だけを対象にした奨学金制度が導入されて物議を醸しているそうです。

・「処女奨学金」→・性経験のない女子だけに受給資格があり、受給希望者は休みごとに、確認のための検査を受けなければならない
・この奨学金に対して、国内の人権団体からは「人権侵害で性差別的」と批判の声が
・一部の活動家らはこの制度が憲法違反だと主張している
・ウトゥケラの女性市長、ドゥドゥ・マジブコ氏・「批判する人たちはだれも解決策を示そうとしない」「少女たちは弱い立場にある。年上の男性との性交渉を断われず、避妊具を使ってほしいと言い出すこともできない」
・クワズールナタール州の現状→2012年に実施された最新の調査によると、十代の母親による出産の割合が南ア国内で最も高い


うーん、すげぇ。
思い切ったな~、そりゃ。


あの、俺自身の感想としましては、すごくいいと思います。
なんというか、すごく強い意思を感じる。

望まない妊娠であったり、未熟な知識でエイズにかかってしまう子どもを、全ては救うことはできないけれど、少なくとも自分の州の女の子は守る!という意思を。

守るためにどうするか、ということがすごく考えられてると思うし、そのための手段が奨学金ってものすごく具体的。

反対派の方は意思を感じないよな~。具体的にどういうことを実現したい、みたいなことを全然感じない。倫理的なことで反対してるだけで、じゃぁ女の子を守るための案があるかってーと何にもない感じ。


処女奨学金じゃ男の教育機会を増やすことができない、とかって話はあるんでしょうけど、結局どれも一つの奨学金であらゆる人を救うことはできないわけだし、別で他の、男のための奨学金を作りゃぁ良いだけの話だと思います。

批判も覚悟してたんじゃないかなぁと思うんですよ。
でもそれも覚悟で、バーンと方針を打ち出して、実現しちゃう感じはすげぇなぁと思いますねぇ~。

今後これでウトゥケラ市のエイズ感染率が下がったり、望まない妊娠をする子が減ったりしたら、もう、それでいいじゃん、ってかんじ。


記事を読んでの感想なので、ウトゥケラ市がその辺しっかり対策取ってるのかはわかりませんけど、俺が考えたのは、その奨学金を受け取るために処女を守ってる子がどんどん浮世離れしちゃって、過剰に男が嫌いとか、セックスについての嫌悪感みたいなものがわいてきちゃう、みたいなことは一個可能性としてはあるのかなぁ、と。

あとは、ウトゥケラ市の女子は処女が多いらしいぞ、っつって、処女を食うのが大好きな輩が集まっちゃったときに、どうやって女の子を守るのか、という懸念であったり。
無理矢理レイプされちゃった女の子が、奨学金を受け取れずに教育機会を奪われるようなことがあってはいけないよなぁ、と、思ったり。

ま、俺が思いつくことなので、誰でも思いつくことだと思いますから、何かしらの対策は取られてるんじゃないかとは思いますけどね(笑)


まー、男用の、童貞奨学金があればいいのにな~。
童貞はでも、物理的に確認はできないのか~。
でもなんか、男は女と違って、専門家がちょいちょいと面接でもしたら、すぐ、コイツ童貞!って分かるような気もする(笑)2、3個質問して、その答えによってコイツ童貞こじらせてる!みたいな。

で、処女奨学金希望者と、童貞奨学金希望者に、しっかりと性教育をして、正しい知識を与えたうえで、奨学金受け取った人=処女・童貞を、マッチングするシステムを作ったらどうだろう。

まぁ、マッチングのシステムは何かしら考えなきゃいけないでしょうけど、そこでお互いを大切にする教育を受けた処女・童貞が、処女・童貞を捨てる、と。
そんな初体験って、素敵やん?


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


俺の!この発想が!童貞をこじらせてるよぃ!!!!
こんなかんじのことを書くつもりじゃなかったんですけど、おかしいなぁ。


童貞奨学金とかあったら、俺もう授業料払っても儲けが残るくらいもらえたんじゃねぇかな!
処女・童貞をマッチングするシステムの中で、童貞捨てられなかったヤツにはさらに奨学金出す、みたいなシステムだったら、ね!!

・・・なんなんだ、コレ!!!

はーぁ、飲み過ぎた。寝よ。

comic1.png

女子がどうか知りませんけどね、童貞を見分けるのは、こんな程度のカウンセリングで十分だと思う(笑)

こんな!カウンセリングを!休みのたびに受けなきゃいけないのなら!奨学金なんか!いらない!
と、思うのは俺だけかしら(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

格安ツアーとか、冷凍カツの横流しとかって、安全についての考えが足りてないのでは。消費者に。 [ニュース読んでみて]

1月27日のdot.「バスツアーだけじゃない 保育やレーシックでも起きる“格安の悲劇”」という記事です。

格安のいろんなものと、それが持つリスク、みたいな記事ですね。
格安ツアーバスの死亡事故に廃棄カツの横流しと、年明けから価格競争のしわ寄せによって悲劇が起きた、ことがきっかけとなった記事、みたいです。
詳細は元記事で。無理にまとめるとこんなかんじ。

・一時保育は認可保育園で1時間800円程度→格安保育所「24時間受け入れ可能! 1時間480円! 少人数制で安心の駅近保育所」
・見学した感想「雑居ビルの中にあって、とにかく狭い。部屋も荒れていて、衛生状態も悪そう」
・レーシック手術、大病院40万~50万円→ある大手クリニックは現在7万円という激安価格
・結果、ヒリヒリと鋭い痛みを伴うドライアイや、視力が合わずひどい頭痛に悩まされ日常生活に支障をきたすケースも


うん。


えーと、今回のバス事故で亡くなった人を馬鹿にしてる、みたいな取られ方をすると困るんですけど、俺が思ったのは、もうちょっと日本人は安全ってことについて考えた方がいいんじゃないか、ってことで。
具体的に言うと、安全ってすごくコストがかかるよ、ってことをもうちょっとちゃんと考えた方がいいんではないかと。

もちろん今回のバス事故であったりとか、カツの横流しした業者だのレーシック失敗した病院だのは猛省すべきだし、体質を改善すべきだし、場合によっちゃつぶれるべきだとは思います。

が、社会であったり消費者からの安くしろ安くしろのコールに押されて、とうとう安全に関するコストを削らないといけなくなった、とも言える。


日本人は水と安全はタダだと思っている、なんつー言葉もあるそうですが。例えば震災時の原発の話であったりとか、集団的自衛権とか、そーゆー大きい話に限らず、普段から口にするものであったりあらゆるものについて、安全って「タダ」、というか、「前提」だと思っている気がする。日本人て。まぁ、俺も含めてですけど(笑)

どれだけ安くても、最低限の安全は「前提」であり、で、あれば、安いなら際限なく安い方がいい、みたいな。
どんだけ安くなっても、安全は安全なはず、みたいな。

が、安全ってコストがかかるのは間違いないわけで。
例えばバス会社のことで言えば、運転手さんがしっかり休み取れるように人数を確保したり、人数確保するためにそれなりに運転手さんの給料良くしたりね、そーゆーのは安全のためのコストでしょう。で、安全のためのコストを考えた上での格安、ってあるわけで。

保育所にしたって、子どもがのびのび遊べるためのスペースを確保するとか、変な保育士を取らなくて済むようにそれなりの給料を保育士のために用意するとかね。
レーシックにしたって、まぁ、分かんない、ちゃんとした技師とか機械を準備するとかね、そーゆーのは全部、安全のためのコストでしょ。安全が安全が、と大騒ぎするなら、そこは削っちゃいけないコストのはずで。

ココイチの話だってそうですよ。
あれはバス事故の話とは逆パターンで、安全に関してしっかりしてたパターンですが、それだって安全はコストなわけです。
仮にですけど、食品の安全に関する法律が見直されて、ちょっと基準が緩くなったとして。
で、その基準に合わせたらココイチが処分しなきゃいけないカツがすごく減って、安全のためのコストが減って、トッピングを全品100円引きにします!ってなったら、そっちの方が嬉しい人って結構いるのでは。


安全にかかるコストというものを考えない消費者が、安全にかかるコストを度外視した格安を求めてしまい、結果安全でないものを生む、と言う気がします。

やっすい居酒屋入って、マズイ、と文句言う、みたいな。
文句言うなら、もうちょっと金出していい居酒屋入ればいいじゃねーか、みたいなね。
そんなかんじがします、異常に格安を求める人って。


だからその、いろんな会社で、安全に関する取組とか、そのために年間いくら使ってます、みたいのを公表したらどうだろう。

だから、ココイチで言ったら、安全のためにこういう機械を使って、こういう検査をして、年間何%くらいは安全のために食品を処分しています。
そのためのコストは、売り上げ全体の何%です、みたいなさ。

ま、どっからが安全のためのコストなのか、と言う話はあると思いますけど。
例えば今回バス事故起こしたり、格安保育所とか、格安レーシックとかのね。

そーゆー会社なり、病院って、取組そのものもそうだし、年間安全に使ってる額とか超少ないんじゃないかしら。

で、人によってどっち選んだっていいと思うんですよ。
俺は食中毒になろうがどーなろうが、安全に気を使ってなくても安いものを食いたい!と言う人がいたりとかね。
あ、ここはそんなに安全に気を使っているからこの値段なんだな、だから他より高いんだな、それは、俺は納得して払おうと言う人がいたりとか。

で、安全より安いを取った人がまずいもん食ったり食中毒になったらそれはある意味自己責任ですけどね(笑)

この記事自体は、バス事故とかカツの横流しとかをきっかけに、やたら安い方がいい、安ければいい、みたいな世の流れに警鐘を鳴らすものだと思うんですけど。
俺は一個、それに加えて、安全はコストがかかる、ってことをちゃんと分かってない人は分かった方がいいのではないか、と思ったという話です。

まーその、貧困とかの問題で、安全にかけるコストがかけられない、という問題はあると思いますけど。
それでも、安全についてのコストが見えるようになれば、食に関しては安全のコストかけよう、ここは安全はある程度度外視してもいいか、とかね。バランスを変えることはできる気がするけどなぁ。どっちにしろ、貧困の問題と安全の問題は別問題だと思いますけど。

はーぁ。寝よ。

comic1.png

安全を無視したら、そりゃそれくらい安くなるんじゃない?みたいな(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog