So-net無料ブログ作成
検索選択

女子中学生監禁事件、なぜ逃げられなかったのか、という理由は問おうよ。問うた結論の深いとか浅いはあるだろうけど [ニュース読んでみて]

2016年3月30日の記事です。

社会学の教授の千田有紀さんという方の記事、「女子中学生監禁事件、『なぜ逃げられなかったのか』という『理由』を問うことは暴力である」という記事です。

詳細は記事読んでください(笑)無理に内容まとめるとこんなかんじ。

・朝霞市で誘拐され、監禁されていた女子中学生が逃げ出し、約2年ぶりに保護された
・「周囲に物音は聞こえたのではないか」「声を出せば届いたのではないか」を問いかける報道があまりに多く、目に余る
・逃げられない理由を問う報道自体が、不幸にして次の監禁事件が行われた場合、被害者の救出をさらに困難にしないだろうか
・助けられなかった無念さはわかる。しかし、「なぜ」を問いかけるのはやめたほうがいい。理由は、「逃げられなかったから」


ふーん。


あの、俺は、理由は、問うべきだと思います。
理由の、問い方はあると思いますけど、問うべきなのではないかなぁ。

俺がこの記事読んで思ったのは、論点がちょっと違うんでないか、ってことなんですね。

つまり、
「逃げられなかった理由を問うこと」
が問題なのではなく、
「逃げられなかった理由に関して浅い知識で好き勝手な感想な意見をいろんな人が披露していること」
が問題なんであり、もっと言っちゃえば、
「個人の好き勝手な感想の域を出ない意見を全国に届く電波に乗せて拡散しているマスコミ」
が、問題なんでないかと思うんですね。

その、個人の感想として、ですよ。
2年間監禁されてました、監禁してたのは普通のマンションの部屋です、騒げば周りにも聞こえます、って状況を聞いた時にね。

そーなんだ、じゃぁ何で騒がなかったんだろう、とか。
それでも騒がなかったってことは何か理由があるんだろうか、とか。
もっと下世話なこと言えば、容疑者との間に何かあったんじゃないか、とか。

そーゆーことを思うのは、良い悪いとか正しい正しくないを別にしてですが、一般人が持つ普通の感想だと思うんですよ。
俺も含めてですが、2年も監禁された経験がある人なんてほぼ存在しないわけで。そーゆー人からしたら、

・好きでも無い相手と同じ部屋に暮らしている
・別に拘束されているわけでも無い
・騒げば隣にも聞こえる

という条件を並べられた時に、

・じゃぁ騒げばいいじゃん

という感想になるのは、一般人ならそりゃそうなるでしょ。もちろんそうできない理由が何かあったのかな、とは思うものの、その理由は監禁されたことのない一般人からしたら想像の外だもの。


で。


そう考えた時に何が問題かというと、事件についての情報を聞き知った素人が思う、
「騒げば逃げられたなら、騒げばよかったのに。」
という感想から、一歩たりともはみ出ない程度の報道を垂れ流している、程度の低いマスコミにあるんじゃないかと思うんですね。

少女が監禁されていた、騒げば逃げられる状況にあった、ならばなんで騒がなかったんだろう、ってところで終わっちゃったら、素人の感想と変わらないわけですよ。素人の感想と変わらないことを公共の電波で垂れ流すってことは、とてもプロの仕事とは思えない、わけです。


俺個人としては、逃げられなかった理由を問うのはとても重要だと思うんです。


仮にですが、監禁されて、加害者にこんな風に脅されると、被害者はこんな心理になって、騒げば逃げられると思っていても、騒げなくなるのです、みたいなことまでしっかりわかればね。

今回の事件の被害者に対しての偏見も減るだろうし。
もしかすると、この先同じような犯罪に巻き込まれた被害者が、自分の置かれた状況を客観的にみられるようになり、的確なタイミングで騒いで早い段階で逃げられる、みたいなことがあるかも知れない。

俺は知りませんでしたけど、被害者がおちいる心理として、「ストックホルム症候群」ってのがあるらしいですね。
この「ストックホルム症候群」についての知識が、報道によって広く世間に知られるようになれば、今回誘拐された女子中学生は「ストックホルム症候群」になったから逃げられなかったのかもしれないな、と思う人が増えるかも、と考えただけで、もう理由を問うことにはすごく意義があることくらいわかる。

マスコミが今回の事件を追う中で、被害者が逃げられなかった理由に対しての結論が、「騒げば逃げられたんだから、騒げばよかったじゃん」程度で終わったら素人と変わらないわけで。
「それが分かっていても騒げなかったのは心理学的にはこういう心理」とか、「人間は社会学的に、こういう状況に追い込まれると騒げない生き物」みたいな、そういうとこまで取材して放送するのがプロの仕事なんでないの?

ただ、理由の問い方が、例えば被害者の家に突撃して、心の傷が癒えてない被害者にマイクを突き付け、事件当時のことを事細かに聞く、みたいなことだと、それは違うと思うんですけど。傷を深めるからね。
逃げられなかった理由を問うのは被害者に直接じゃなくてもできるでしょ。そういう心理に詳しい学者とか、警察関係者にインタビューすればいいんだから。


問題なのは、「理由を問うこと」ではなく、「浅い知識で理由を問い、勝手な結論を出している素人がたくさんいること」であり、加えて「素人とほぼ同じレベルの結論しか出せないマスコミ」が問題なんでないか、と。思った、という話です。

「逃げられなかった理由は逃げられなかったからだ」って、そんなお母さんが小さい子どもに「ダメだからダメ!」って怒る、みたいな理屈で大学教授が記事を書くのだなぁ、と。そんな理屈で誰かを説得できると思ってたのかな?と、思ったのは内緒です(笑)

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




これがアリならなんでもありだぞ・・・ [ぼやき]

やばい、なんか、楽しくなってきた、ドーティシリーズ(笑)


comic1.png

その、エジソンの名言をもじったもの、なんですけど。
困ったな、もじるのがアリならいくらでも作れる気がしてきた(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




どーなんだろ、大体男の一人暮らしの部屋は汚いと思うんですけど・・・俺の部屋は汚いですよ、とても [ぼやき]

ホテル代がもったいないから、一人暮らしを始めた、という人の話を聞きましてね。
なるほど、ってことは・・・っつって、描いた4コマです(笑)

comic1.png

俺の部屋を見るのは、俺だけだもんね。彼女とかを!連れ込む人なら!ともかくね!!!

はーぁ、寝よ。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




「『焼肉弁当』を差し入れたこと」自体の是非を問うてるあたり、日本のマスコミの程度が知れるというか [ニュース読んでみて]

2016年3月21日の記事です。

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の疑いで逮捕・保釈後、病院へ搬送された元プロ野球選手、清原和博被告が病院前に張り込む報道陣に差し入れた「焼肉弁当」が波紋を広げているそうです。

ほとんどの記者らが手を付けずに放置した一方、記者による「食レポ」を自社媒体に掲載する「強者」も現れたとか。
ネット上ではこうした動きに「倫理観があるとは思えない」「買収されてる」と批判の声も上がっているんですって。

記事を無理にざっくりまとめるとこんなかんじ。

・清原被告は入院後一度も公の場に姿を見せていないため、何としてでもその顔をとらえたい、と病院前に張り込む報道陣との「根競べ」が始まっていた
・清原被告の手配で、黒塗りのワンボックスカーに乗っていた男性2人が30人分の弁当を差し入れてきた
・「弁当は誰も食べなかった」「ひどい記事を書かないで欲しい、放送をしないで欲しいという働きかけとも捉えられかねない」というマスコミ各社のリアクション
・スポニチは弁当の中身を詳しく紹介するだけでなく、「食レポ」までやってのけた。そのリアクションに対しネットは賛否両論
・様々な芸能人が自宅に張り込んでいるレポーターに対し差し入れをしたことがあるが、別にその人たちは犯罪者ではない



へー。


その、俺が思ったのはね、所詮日本のマスコミはこの程度、という。

最後の報道陣に差し入れを配った芸能人、に関しては、もう、有名人側の勝ちでしかないと思います。
別に悪いことをして報道陣に囲まれているわけではないのだから、報道陣に差し入れをするってのは、有名人側の懐の深さを示すものでしかない。

別に悪いことをしてるわけではない有名人の家に報道陣が張り込んでいるという状況の中で、有名人が食べ物を差し入れるというのは、

マスコミ=ゲス
有名人=懐が深い

という構図しか成り立たないと思うわけです。


ただ。


今回は、清原被告は薬物使ったりして明確に悪いヤツ、なわけです。

つまり、悪いことはしちゃったけれどもできるだけ静かに事態の収拾を図りたい清原容疑者と、静かに事態の収拾を図るなんて許さない、真実の声を引き出したいマスコミ、という構図であり、大義名分はマスコミにある、と思うんですね。
そーゆー意味では、清原被告vsマスコミの、対決であるともいえる。


それなのにさ、弁当差し入れされたくらいで、動揺してんじゃねぇよ、と。


自分が完全に責める側にいる時は強気なくせに、責められる側がちょっと変わったことした(弁当差し入れた)くらいのことで、もうオロオロすんのかよ、と。


そーゆー意味では、俺はスポニチのリアクションには拍手を送りたいです。


多分ね、清原容疑者としては記者の目をくらましたりとか、気を使ったアピールにより追及の手を緩めてくれないかとか、何らかの意図があるんだと思うんですね。真の意図は俺は知りませんけど。

で、その弁当の差し入れに対して、弁当を10分で食い、食レポを一面に載せたスポニチ。俺の解釈ですけど、
「弁当の差し入れに対する義理は食レポを一面に載せたことでしっかり果たしたから、別に事件に対する追及を緩める気はないよ」
というリアクションだと思うんですね。


かーっこいい~。
そう考えると、
かーーーっこいい~~(笑)


いや、スポニチの真の意図は分かりませんけど。ホントにただ買収されただけかもしれないですけど(笑)すくなくとも、きちんと明確なリアクションを返してはいますよね。

こーゆーさ、大人の余裕というか、洒落た返しみたいのをする余裕が欲しいんですよね~。

それに対して、弁当に対してどうするか右往左往し、挙句病院に返却依頼とかして病院に迷惑をかける?
何?それ?
ダサすぎやしない?


弁当の差し入れが是か非かの議論って、バカか!
弁当の差し入れっていうイレギュラーな事態で動揺した時点で、マスコミの負けなんだよ!
犯罪者を追い込み、真実の声を引き出すための張り込みなんだから、大義名分は今回マスコミにあるんだから、弁当の差し入れという小さい反撃くらい、大人の余裕でいなしたらどうなの!?

大人の余裕でいなしたのがスポニチだけ、ってところに、所詮日本のマスコミってこの程度なんだなぁ、と思った、という話です。
どーしよ、これでスポニチが、なんでもかんでも記事にしようっていうただのゲスだったら(笑)

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




中学の校長が、女子が子ども産むのは仕事より重要って言ったって。・・・そらそうでしょ、日本の将来を考えるなら。 [ニュース読んでみて]

やー、忙しくて。久しぶりの更新ですが、皆さん読んでくださるかしら?
書く気はあるんですけど、疲れると文章がまとまらなくてですねぇ。えぇ、言い訳ですけど(笑)

2016年3月14日の記事、「『大炎上』校長発言に『どこが悪いの?』と擁護論も 『キャリアより出産』めぐり賛否」という記事です

大阪市立茨田(まった)北中学校の男性校長(61)が、2016年2月29日にあった全校集会の朝礼講話で「女性はキャリアより出産を優先させるべき」との内容の発言をしたことが報じられ、ネット上で賛否両論になっているそうです。

記事あえてざっくりまとめるとこんなかんじ。

・校長の発言要旨「女性にとって最も大切なことは、子供を2人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります」
・「子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです」
・ネットでは賛否両論だが、市教委は処分を検討している
・処分を検討する理由「校長の立場にありながら、個人的な意見を表明することは、問題があると考えています。様々な生き方がある中で、女性に特定の価値観を押し付けていることにもなります」


ほっほーぅ。


えっとですね、要旨とか、全文とかも読みましたけど、俺の感想としては全然間違ってないと思います。

校長は最初に、「今から日本の将来にとって、とても大事な話をします」と言ってるわけで、その趣旨から外れた話をしてるとは思わない、わけです。

日本の将来を考えたら、そりゃ人口が増える、あるいは減らない、ってのは最低条件じゃないですか。人口が減って、極論0になったら日本滅びるに決まってるんだから、かつ、男には子ども産めないわけだから、女子が子ども二人以上産む、ってのはとても重要な話でしょ。

これがね、「『皆さんの』将来について大事な話をします」と言ってれば、それはおかしい、ということになると思います。
日本の将来と、個々人の将来の、大事なことが重なってるとは限らないので、ね。

国家主義的イデオロギーだ、という批判が記事の中で出てきましたが、最初に国家主義的な話をすると宣言してるわけだから(笑)

日本の将来のことを大切に思うのならば!
女子が将来子どもを二人以上産むことはとても重要なことですよ、という話でしかない。

何にも縛っては無いと思います。日本の将来のことを考えず、自分の生きたいように生きたいのであれば、別に子どもを作らなくてもいんじゃね、とも読めますよね。この世のあらゆる女性は必ず子どもを二人以上産むのが義務、なんて一切言ってないでしょうよ。

批判してる人は、この講話の趣旨というか、何について話しているか、ということを間違っている、としか思えないけど、なぁ。


で、ね。


俺がこの記事を読んで思ったことのもう一つは。


この講話を読んで、

よってたかって批判・炎上させているようなヤツらを、

そもそもこの講話は対象にしていない。

と、いうことなんです(笑)


あのね、俺の記事だと全文ではないからな、一応趣旨が伝わるように書いたつもりですが、興味あるけどまだ読んでない人は全文を読んでもらった方がいいと思うんですけど。


この講話が対象にしてるのはね、よく読むと分かると思うんですけどね。

将来子どもを二人以上産み育てようと思っている、あるいは実際に育てている男女。

もしくは産み育てようと思ってはいないが、キャリアをしっかり積んでいこうと思っている、あるいは実際に積んでいる男女。

ですよ。と。よく読まんでもわかるか(笑)

何が言いたいかというと、
・別に結婚しようとか、子どもがほしいとかも思ってない、もしくは結婚云々は思ってはいるけど具体的な行動は特にしてない
・仕事に関して、別にたくさん金ほしいとは思わない、そこそこの給料で、責任持たされずに気楽に仕事できてりゃそれで満足

みたいな、のんべんだらりと生きてるやつについては、この講話の対象外、ってこと。

あの、そもそもね、日本の将来にプラスになるような立派な人、この講話の切り口でいえば子どもを二人以上産み育てている人、仕事でしっかりキャリアを積んで、経済の発展に貢献してる人、とか。
もちろん子ども、仕事以外の切り口でも、日本の将来に貢献するような立派なことはたくさんあると思うんですけど、日本の将来に貢献してるような立派な人は、こんな記事をいちいち炎上させるほどヒマじゃねーよ、と思うんですよね。


あえて何かが問題であるとするならば、子どもを産む、あるいはキャリアを積む、という立派な生き方以外の生き方を認めていないように見える、ということかなぁ。

のんべんだらりと生きたいと思っている人の生き方を認めない、みたいな。

だから、のんべんだらりの人たちが怒ってるんだろうし(笑)

でも、校長だもん、教育者だもんねぇ。自分とこの生徒に立派になってもらいたいと思うのは当然だよなぁ。

のんべんだらりの人生まで肯定し始めたら、教育者じゃなくて宗教家だもんなぁ。


校長の言ってることは間違ってないし、この記事読んで騒いでるのは校長が講話を聴いてほしい人ではないんじゃないか。と、思った、という話です。

ま、俺もこうしてこの記事に関してこうして書いてる以上、のんべんだらりと生きている暇人の一人、ということですな(笑)

はーぁ、寝よ。

comic1.png

お前に怒る資格はねーよ、みたいなね(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




思いついたら、描きます。今回も、思いついたから描いただけです(笑)ドーティシリーズ。 [ぼやき]

思いついたら描きますけど、思いつかなかったらずっと描かないです。誰が期待してるのか知らないけど(笑)

comic1.png

シロー・ト・ドーティと、セカン・ド・ドーティの関係性はどうしようかなぁ?兄弟にするか、どっちかがどっちかの子孫てことにするか・・・
だから、そこの設定を詰めることを誰が期待してるのか、と(笑)

はーぁ、寝よ。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




シリーズ化は難しいだろうなぁ。ドーティっていう名前は好きなんだけどなぁ。 [ぼやき]

たまにこう、格言ぽい言葉を思いついたり、5・7・5の言葉を思いついたりするんですけど。
まぁ、ホントにたまになので、シリーズ化というか、独立させてコーナーにしたりするのは難しいだろうなぁ。
この辺がね、多分、プロとの違い(笑)
シリーズにしたいなら、搾り出せよ!っつー話なんですが、だって俺素人だもん!

開き直りつつ、今回思いついた格言の4コマを。

comic1.png

この

シロー・ト・ドーティ

のほかに、

セカン・ド・ドーティ

ってのもいます。
が、セカン・ド・ドーティの方にはまだ何を言わせるかは考えてません(笑)

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




misonoどうこうってより、「misonoがヤフーニュースの上位に来てること」がすげーよ [ニュース読んでみて]

3月1日のスポニチ、「有吉 吉木りさに絡んだmisonoを一蹴『国民的嫌われ者は引退しろ!』」という記事です。

misonoが吉木りさに絡んで、それに有吉が突っ込んだ、という、記事としてはそれだけの記事。

概要・・・っても、概要しかないんですけど(笑)4点でまとめると、こんな感じ。
・吉木りささんが新年会に同席したmisonoから「あんたさっきから何なん?アンタがしゃべってること全部嘘やん。これだからウチ、グラビアアイドル嫌いやねん!」と絡まれた
・この件がネットニュースになると、misonoはブログを更新
→「misonoの名前が、毎回、トレンド入りする事は、良い事!」
→「“知る人ぞ知る有名人”ではなく“国民的な芸能人”になれた」
・有吉さんはリスナーからのメールでブログの内容を知った
・「国民的嫌われ者はな、とっとと引退しろ!それが我々日本国民の心からの総意だこのクソバカ野郎!」



ほっほーぅ。


や、記事の内容自体に興味はないです。俺はmisonoのファンでもなければアンチでもない。どーでもいい、心の底から。

すげぇな、と思ったのは、この記事俺が見た時点(3月2日12:50)で、ヤフーニュースのエンタメジャンルで1位、総合でも2位になってるってことなんですよ。

ブログで自分を、「国民的な芸能人」と書いてたそうですが、や、まさにそうでしょう、これ。「国民的な人気者」ではないけど、「国民的な芸能人」では、あるなぁ。


ちょっと思ったのはね、もう、「国民的な存在」って、負の側面にしか存在しないのかなぁ、っていう。

娯楽もいろいろ多様化していって、例えば今CDが売れないとかね、言うじゃないですか。
およげ!たいやきくんが454万枚売れたとかって時代からすると、国民的大ヒットって今出にくいのかな、と。

それは例えばCDやら、芸能人、ゲーム、アイドルとかね。
まぁ、今だと嵐とか、AKBとかは国民的なアイドルと言えるのかなぁ。一部のオタクのもの、って感じではないとはいえ、国民的かどうかというと・・・どうなんだろ。

まぁ不景気ってこともあんのかもしれないですけど、なかなか国民的大ヒット!みたいのって出にくいんでしょう?今。

負の面で大きいニュースになるってことで言うと。

ちょっと前だと、ゲスの極みとベッキーが不倫した、なんつって、そのニュースが一気にヤフーニュースのランキングトップになったりしてるわけで。
今までゲスの極み乙女が新曲出しました!とか、ベッキーがこんな番組に出ました!とかで、ヤフーニュースのランキングトップに出たことなんかあったか?と。

「新曲」とか、「番組」とかの、正の面ではランキング出たことないのに、「不倫」という負の面にスポットライトが当たった瞬間、ガーンとランキングトップに躍り出る。
ま、その不倫は国民的な出来事になったと言ってもいいでしょう、俺はどうでもよかったけど。
ヤフーニュースのトップになったからって国民的な出来事かというといろいろ意見はあるでしょうが、かなり国民の関心の高いこと、では、あるよね。

つまり、現代では知名度を上げようと思ったら、かつ国民的な有名人になろうと思ったら、負の側面を押していく方がとても手っ取り早い、と、言うことですよねぇ。

まぁ、極端なこと言えば衝撃的な犯罪をすればいい悪いはともかく知名度はグーンと上がる。
それで言ったら昔っから特別な才能のない人間は負の面の方が知名度を上げやすかった、わけですけど、今は才能のある人でも正の面で知名度を上げるのがとっても大変だし、余計「国民的な存在」って、負の面でしか出てこない時代なのではないか。


ただし、負の面で有名になるのはリスクがとても大きくて。


犯罪犯して有名になれば、当然逮捕されて刑務所に入れられたり、一生犯罪者というレッテルを貼られて生きていかなければならない。

芸能人が不倫とかでバン!と注目度が上がれば、一時的に国民の話題に上がるとしても、まぁ好感度が下がったりして、その後の仕事に差し支えたり、悪ければ引退に追い込まれたりする。


で。


misono、ね。


や、ごめんなさい、misonoに関して俺好きも嫌いもないんですけど、すげぇな、と思ってしまう(笑)

え、すごくないですか?


犯罪を犯したわけでもなく、不倫みたく倫理的なことに触れたわけでもなく、とにかく嫌われている、ってことで、ヤフーニュースのトップに出てくる。
まぁ、有吉さんがいじった、ということがきっかけではあるものの、おおもとにあるのは「ものすごく嫌われているmisonoが、また調子こいた」ってことでしょ。
それで、ヤフーニュースのトップに出てきちゃうわけだ。

すごいポジションだよなー。

リスクは当然あるものの、せいぜい汚い言葉を浴びせられるとか、本人が気にしなきゃいいレベル。法に触れたら国家権力にペナルティを課されるし、人気者が嫌われると仕事減ったりするけど、もともと嫌われてるから別に仕事が減るとかの話もない。

普通は嫌われると消えていくものだけど、不思議だな~。どうやってそのポジションを確立したんだろう。

もう、misonoは、「職業:嫌われ者」ってことでいいんじゃないだろうか(笑)
なんかするたびにニュースになる、国民的嫌われ者(笑)

なんか、スゲーわ、誰でも座れるポジションじゃないし、座れたとしても、運よく座れたなんてとても言えないポジションだもんな(笑)

や、多分misonoにまともな才能はないし、それなのにテレビ出て有名になりたい!と思った時に、この形は多分ベストだと思うんですよね。犯罪者にもならず、でも有名になる、という。


どれだけ嫌われても何やかやテレビ出たりする芸能界での立ち回り方と、

どれだけ嫌われても折れない、どころか「“知る人ぞ知る有名人”ではなく“国民的な芸能人”になれた」とかブログに書いちゃう鋼の心。


これを持ち合わせている人がどれくらいいる?少なくとも俺は持ち合わせてませんよ。
それはねぇ、スゲーな、と思います。
スゲーな、とは思うけど、あぁなりたいとは全然思わないし、別にmisonoのファンでも何でもないけど、俺。


一応“国民的な人気者”ではなく、“国民的な芸能人”と書く辺り、あ、人気があるわけではないという自覚はあるのね、と思ったりも、します(笑)


なんかこう、いい意味の「国民的」でなく、悪い意味の「国民的」ばっかになって、殺伐とした世の中だなぁ、みたいなことが書きたかった気がするんですが、misonoの特殊性についての話になってしまった(*_*)


はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク