So-net無料ブログ作成
検索選択

特殊な才能があって、実際に成功もしてる人が、普通の幸せを願うのがそもそも間違い。嫉妬とかじゃなくそう思う。特殊な人なんだからさ。 [ニュース読んでみて]

6月27日のデイリースポーツ、「神田うの ベビーシッター窃盗事件が転機」という記事です。

記事を無理やりまとめるとこんな感じ。

・神田うのが、しくじり先生に出演した
・私がこんなに嫌われたのは、KYだから、と自己分析
・バッシングの結果、家族にも迷惑をかけると気付いた
・これからは脱KYの母親になる、と涙ながらに訴えた

まぁ、記事に関してはどうでもいいです、俺はしくじり先生の感想が書きたかっただけで(笑)

番組を見ての感想は、神田うのってすげぇんだな、ってことで。

生まれた環境も恵まれてるし、
バレエに関しても天才的だし、
立ち上げたブランドも大成功するし、
旦那も成功した実業家だし、

いるんだなぁ、こんな人間、ってかんじですよ。
普通の人間だったらこの中のどれか一つ手に入れてたら御の字でしょうに。成功と言われるいろんなものをどんどこ手に入れてるわけでしょ。すげぇな、と思う。

ただまぁ、だから神田うのを好きかと言われたら嫌いですけど。嫌われ11冠とか記事には書いてありましたけど、それはそれですごい(笑)
すげぇとは思うものの、嫌いなのも間違いない、んですね。

で、感想の2つ目なんですけど。

神田うののしくじりは
「KYなこと」
ではなくて、
「テレビに出たこと」
だと思うんですよ、俺。

あの、多分ですけどね。
いると思うんですよ、世の中には。神田うののように才能があって、成功して、セレブ生活をしてる人って。なんなら神田うのより成功してる人だっていっぱいいるでしょ。

そーゆー人たちは、神田うのを馬鹿じゃねーかと思ってると思います。
セレブがそんな風に表に出たら、叩かれるに決まってるじゃねーか、と(笑)
セレブだってだけで嫉妬の対象なのに、さらにあのキャラだからね~。もう、どうしようもないよね。

仮にですけど、もし神田うのがテレビに出なかったとしても。

知らんけど、バレエですごい大会出たりすごい役をやったりとか、
ブランドの成功は芸能人としてのネームバリューがあっただろうからもしかすると無いかも知れないけど、
セレブ人脈でどっかの社長と結婚したり、
とにかくテレビに出んでも別に成功はしてたと思うんですよ。あれだけの才能があって、美人なんだから。

で、付き合う人間はセレブだけだから別に嫉妬とかもされないし、金持ちとしての発言がKYと評されることは無かったろうと思うんですね。人を馬鹿にした発言はKYだろうけども。

そう考えると、神田うの最大のしくじりは、テレビ出て、周りにちやほやされて、バカな発言をしまくったことだと思うんですよ。わざわざテレビ出て、たくさんの人間の目に触れるようなことしなければ、嫌われることもなく別に普通のセレブとしての生活をしていただろうし、世のセレブ達はそうやって生活しているんだと思うんです。
まぁ、そうなると頭悪いのは間違いなさそうだけど、真のセレブに比べると(笑)

ブログで余計なこと発信して叩かれたりしてるみたいですから、自己顕示欲が強いのは間違いなさそうなんで、テレビ出なくてもなんか余計なことして嫌われてるような気はしますけどね(笑)


ちなみにいうと、しくじり先生の神田うのパート、終盤はすげぇつまんなかったです。


そんだけの才能があって、成功しまくってて、そのうえで家族と普通の幸せを手に入れようとすんじゃねぇよ!半端なことしやがって!普通の人が持ってないいろいろを持ってるんだから、普通の人じゃ歩めないところを突っ走るべきなんじゃねぇの!?

俺は別に応援しないけども!嫌いだから!


あれだけ普通じゃないキャラクター、見てる分には面白いよな。実際に才能があって、成功もしてるわけだし。貴重は間違いなく貴重だよな。そんなのに、普通人を目指されても、クソつまんない。と、思った、という話です(笑)

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

堀北真希の妊娠等、やたらと芸能人のプライベートに踏み込むのを、個々の雑誌とか記者のモラルの問題にしてたらダメだと思うの [ニュース読んでみて]

6月21日のJ-castニュース、「堀北真希の早すぎる妊娠報道に『神経疑う』 『過熱プライベート暴き』に嫌悪の声」という記事です。

詳細は元記事で確認してもらうとしまして、無理に詳細をまとめるとこんな感じ。

・女優の堀北真希さんの妊娠を、「女性自身」が報じた。所属事務所も妊娠を認め、「温かく見守っていただければ」というコメントを出した
・祝福の声と同時に、安定期に入っていないのに報道するとは、そっとしといてやれ、という声も噴出
・著名人の私生活を暴く報道は、かねてから週刊誌の「十八番」だったが、最近はそうしたスクープ記事に対してはネット上を中心に反発の声が高まっている
・乳がんを患った小林麻央さんや、つんく♂さんの結婚記念日の報道についても批判が出ていた


へー。


俺が思ったのは、こういっちゃなんだけど、芸能マスコミという産業自体が、今のままじゃもう、終わってるよな、ってことで。
その、今回みたいな報道は過熱しすぎ、やりすぎ、とか、まぁそれも含めてなんですけどね。

インターネットの時代に、昔と同じ方法で売り上げ伸ばそうとしたりするから、今回みたいな無理が出るのではないか、と。

つまり、もともと昔の芸能マスコミが担っていた役割として、

① みんなが知らない情報を、いち早く世に出す
② 手に入れた情報を、世に広める
③ 情報が広まったことで、世間から祝福を受けたり、ファンが増えたりする

という役割があったと思うんです。
まぁ、昔は確かに芸能マスコミについては①の部分に大きな価値があって、すごい情報をすっぱ抜けば雑誌の売り上げがものすごい上がった、ってこともあったでしょう。
だから、芸能マスコミはスクープ!を、狙う、という構造があったんだと思うんですよ。

さらに言えば、芸能人側からしてもね。
インターネットが無い時代は、芸能人は自前のメディアを持ってなかったわけだから、例えば妊娠したことをファンや一般の人に広く知ってもらうためには、芸能マスコミに報道してもらうしかなかった。

テレビなんかで大々的に報道してもらって、いろいろな人に知ってもらい、祝福されるというのは芸能人側からしてもうれしいことだし、新規のファンが増えたり、メリットも大きい。そう考えれば、多少無茶な張り込みなんかされても、文句も言わないでおこう、ってことだったんじゃないかと思うんですね。


が。


今はインターネットが普及してますから、芸能人は自前のメディアを持ってるわけじゃないですか。例えば妊娠しました、という発表を堀北さんが自身のブログですれば、その日のうちに少なくともブログを読んでるファンには伝わりますよね。
それは、週刊誌とかに載るより圧倒的に早く、かつ、住んでる場所に限らず全国のファンにね。

で、まぁ、後追いでネットニュースとかでも伝わるし、テレビで取り上げられたりもするだろうから、限られたファンだけじゃなくていろんな人に伝わるでしょ。

と、言うことは、さっき書いた芸能マスコミの役割、

① みんなが知らない情報を、いち早く世に出す
② 手に入れた情報を、世に広める
③ 情報が広まったことで、世間から祝福を受けたり、ファンが増えたりする

この①~③の役割の内、少なくとも①に関して、つまり情報の早さに関して、現代の芸能マスコミに価値はないと思うんですね。インターネットを使って、芸能人本人が発表するのが、はえーに決まってんだから。
②と③に関しては、まだまだ大きい力を持ってはいるだろうけど、せいぜい拡声器としての役割しかないわけだから、大したこたぁない。インターネットにだって拡声器としての力はあるしね。

そんな状況の中、未だに①の部分で、スクープだ!誰も知らない情報を独占入手したぞ!みたいなことをやろうとするから、闘病中の小林さんの周りに張り付いたり、安定期に入ってない堀北さんの妊娠を報道したりするんじゃないかと。
つまり状況が変わっているのに、インターネットの情報の早さに無理に対抗しようとするから、記事に出てくるような一線踏み越えたモラルのない報道になるんじゃねーかと思うんですよ。


要するに、芸能マスコミのみなさんは、自分の仕事のあり方を見直す時期に来ているのではないか、と。


個々の雑誌とか、記者のモラルの無さ、無神経さというよりは、①の部分以外に自らの価値を見いだせない、芸能マスコミのあり方自体に限界が来ているのではないか、と思うんですよね。
①の部分でインターネットに対抗しようと思ったら、そりゃ無理なことをするしかないでしょうよ。芸能人が世に出さない、出したくない情報を無理に引っ張り出すしかないだろうからね。一日中張り付いたり、盗撮したり、一線を越えるしかないもんね。


念のため言っておきますと、今回俺が書いた記事は妊娠であったり、闘病といった、ごくごくプライベートな、かつ時間が経って落ち着けば本人たちから何らかの発表があるような件についての話です。

最近マスコミをにぎわせた、都知事の法的には問題ない不祥事であったりとか、芸能人の不倫、なんかに関してはこの記事の考えは当てはまらない。妊娠は時間が経てば発表されるだろうけど、不祥事だの不倫だのは黙ってたって本人から発表されるわけないでしょうから。

そういうことを、取材して、白日の下に晒す、みたいなことは、まぁ一応芸能マスコミの価値がある、のかなぁ。

ただ、そう考えると、不倫なんかでやたらと過熱した報道をしているのを見ると、久しぶりに①の部分で世間を盛り上げることができた!!っつって、マスコミがはしゃぎまくってるようにしか見えなくなってくるなぁ。いや、なんか、みっともね~(笑)

この「はしゃぎすぎ感」が伝わったのが、不倫くらいで騒ぎすぎじゃねーか?みたいな論調がいろんなところで出てきた一因なんじゃないですかねぇ。


このインターネット時代に、
未だに情報の早さが自分の売りと考える芸能マスコミが、
インターネットに早さ勝負を挑んで、
妊娠とか、闘病とかに対して配慮に欠けた報道をして叩かれたのが今回の記事かな、と。
ちょっとこう、あり方というか、考え方を変える時期に来てるんじゃない?と。

まぁ、不倫とか、本人から発表されないであろう事柄については芸能マスコミの情報の早さはまだ価値があるのかもしれないけど、
ただ、あんまりはしゃぎすぎるとみっともないよ、と(笑)

思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

comic1.png

芸能ニュース好きって、あんまり俺の周りにはいないなぁ(笑)

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ご近所トラブルとかは、法律じゃどうにもなんないのではなかろうか [ニュース読んでみて]

6月21日の産経新聞、「『みんなに迷惑かけないよう殺した』20年続いたご近所トラブルの末の惨劇」という記事です

詳細は元記事を読んでもらうとして、むりやり要点を4点でまとめると、こんな感じ。

・千葉県館山市内で、A氏に、B氏が殺された
・B氏は20年来のクレーマーで、自分が原因の排水のことで文句を言ったり、車のことで金をせびったり、ご近所どころか実の弟からも煙たがられていた
・犯人であるA氏の弁護側は、地域住民、親戚、同級生ら1,000人の署名が寄せられた嘆願書を提出
・A氏は、求刑懲役14年に対し、懲役9年の判決を受けた


・・・うーん。


わりとこう、この手の事件が起きると俺が考えるのが、前時代的な村社会、みたいなものと、近代社会って、どっちの方がいいものなのか、ということで。

近代社会の限界というか、カバーしきれないところでこういう悲劇が起きるんじゃないかな、と思うんですよね。で、今回みたいなケースは村社会であればカバーできたかもしれないのに、と。


その、俺の中でもきれいにまとまっている理論ではないので、冗長になったらごめんなさい。大体冗長か、俺のブログは(笑)


えー、まず前提として、人殺しをしてはいけない、ということがあります。これは、俺も賛成であり、記事に出てくるようなB氏みたいなジジイは殺してもいいんだ!なんてなことを言うつもりは全くございません。

で、近代社会では法律ってものがありますから、殺人を法律で禁止します。これは、少なくとも日本国内であれば適用されるルールですから、今回法律で禁じられた殺人を犯した館山市のA氏は逮捕され、罪を償うことになります。


じゃ、村社会だとどうなるのか。


俺も別に研究者ってわけではないので、間違ったことを言っていたら申し訳ないんですが、何かで読んだのは、村社会ではコミュニティを維持することが何よりも優先される、と。
今回の件でいえば、まぁ、B氏というコミュニティを乱す輩がいて、それをA氏が殺してしまった。で、A氏は1,000人の嘆願書が集まるくらいイイ人。

そうなると、村社会的な価値観でいうと、A氏は村の中では許されるんではないかと思うんですよね。まるっきり無罪となるかどうかは分かんないものの、コミュニティから外されるようなことはないんじゃないかと。

今回A氏に下された懲役9年という罰が重すぎるのかは俺が判断できることではないですが、俺の印象としてはもっと軽くても、執行猶予付けてもいいんじゃないかとは思います。
今回のケースは、仮にですけど、いまだに館山市が村社会であれば、A氏は別に明日からも普通に暮らせていたんじゃないかと思うんですね。A氏の良心の呵責、みたいなものは別の問題ですが。

ただね、だから村社会の方がいい、ということではないんです。

仮に村社会的価値観でA氏が救われたとしても、それは今回たまたま上手くはまっただけであり、村社会的価値観の弊害はたくさんある。
コミュニティの維持が最優先だから、小さい村内でだけ通じるわけわかんないルールでいじめを受けたり村を追い出されたりとかもするでしょう。村の価値観とか、風習とかで、なんか人が殺されたりとかさ。生贄みたいな。昔の小説みたいな感じで。

村社会的価値観によって、理不尽な扱いを受ける人とかがいたし、いろいろ効率も悪かったから、近代化が進んだし、法律とかもできていった。
それによっていろんなことが効率化されて、インフラとかも整備されていって、世の中が便利になった。
そのおかげで物が豊かになったりとかさ、近代社会はいろいろいいこともいっぱいあるじゃないですか。


が。
今回のA氏みたいな人を近代社会は救えない、わけです。


村社会の価値観からしたら、B氏に対して周囲が20年も悩まされるようなことはそもそもないと思うんですよね。コミュニティの維持が最優先だから、あっという間にB氏は村から追い出されたりとか、それがいいか悪いかはともかくとして、問題は解決していたんじゃないかと思う。

ただ、近代社会ではB氏みたいなわけのわかんない奴でも法律があるから追い出すようなことはできないし、ご近所が20年も迷惑こうむった挙句、我慢の限界を迎えたイイ人のA氏が9年も懲役を食らうようなことになるわけですよ。

それって、現行の法律があってるとか間違ってるとかではなくて、近代社会的な考え方の限界なんでないかな、と思うんです。


だからその、ダブルスタンダードというか、近代社会的な価値観と、前時代的な村社会的な価値観との、いいとこ取りみたいな、新しい社会システムが必要なのではないか!
ただまぁ、具体的にどういうシステムがいいのか、というのは俺は分かんないですけど。そういうのは、頭がいい人にお任せします(笑)


近代社会というものが大きくなる中で、カバーしきれない状況や、悲劇が出てきた。
それを解決するのは、前時代的な村社会の考え方の中にヒントがあるのではないか。
近代社会を過信しすぎず、あらたなシステムを作る時期に来ているのではないか、具体的には分からんけども!
と、思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク




nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

妊婦さんに暴言吐いたり、あえて迷惑をかけるのは、犯罪!・・・ってことにならんもんかな? [ニュース読んでみて]

6月15日のwithnews、「マタニティマークつけて優先席に座ったら…『ただのデブだろ』と言われて考えたこと」という記事です。

詳細はリンク先を見てもらうとして、記事を無理矢理4点でまとめますと、
・記事を書いた筆者が、妊娠7か月の時、電車で席を譲ってもらった際、隣に座っていたおっさんから罵詈雑言を浴びせられた
・マタニティマークを付けることにちゅうちょすることもあったが、妊娠中に気分が悪くなることがあり、普段からマークを付けることにした
・嫌なことを言うのは本当にごく一部で、大部分はいい人。マタニティマーク自粛のムードは広がってほしくない、と専門家
・妊婦を含めたあらゆる人に思いやりを持って接することが大事であり、必要以上に委縮せず、マークを付けて過ごし、自分以上に困っている人には手を貸そう

こんなかんじですかね。



ふーん。


あの、俺が思ったのは、少なくとも記事の最初に出てくるおっさんに関しては、もう、これ、犯罪じゃない?という。なんかそういう法律をうまいこと作れないのか?という。

車内での迷惑行為という点で言えば、痴漢に近い状況じゃないかと思うんですね。
んで、痴漢はあれだけポスターとか、撲滅しようキャンペーンやってるわけじゃないですか。妊婦さんに暴言吐くとか、これどうにかして迷惑防止条例違反とかにしてさ、大々的に撲滅キャンペーンやってもいいんじゃね?と、思うんですけどね~

別に妊婦さんに迷惑かけたヤツらを全員逮捕しろ!なんて言うつもりはないですけど。暴言吐くとか、そういう行為をしたバカを、駅員さんに引き渡したら警察に引き渡してくれて、逮捕までするのかは分かんないけど厳重注意してくれる、とかさ。

まぁ、法律にするのが難しいのは分かります。妊婦さんに迷惑かけたって、どっからどこまでを言うのか、とか。マタニティーマークに気付かなかっただけなのに、席を譲らなかったからって駅員に引き渡されたりしたらどうしよう、とか。妊婦さんに迷惑かけたって、妊婦さん本人の主観以外にどうやって立証するんだ、とかね。素人の俺でも、それくらい思いつく。

そーゆー細かい話はあるにせよ、問題はね、記事の冒頭に出てきたおっさんのようなごくごく一部のオカシイ人のために、妊婦さんが委縮したり、世の中がギスギスしたりすることだと思うんです。
で、オカシイ人たちは往々にして自己主張が強く、声が大きいのに対し、その他大勢の普通の人は、妊婦さんに席を譲るのはいいことだと思いつつも、あえてオカシイ人たちと戦おうとはしないと思うんですね。妊婦さん本人はもちろん、妊娠という大仕事の最中だから、そんなオカシイ人に構っている暇はないし。

そう考えたときに、何が必要かと思うと、妊婦さんを守る!という社会の雰囲気というか、もっと言っちゃえば雰囲気なんてあいまいなもんでなく、法的な後ろ盾があるといいんじゃないかなー、と。

妊婦さんに暴言吐くおっさんに対して、それを止めようと思ったら現状全部止めようとした人の自己責任というか、とことんまで付き合うしかないじゃないですか。
殴り合いにでもなったら警察が止めてくれるかもしれないけど、そこまでのリスクを背負ってオカシイ人を止めようって人はなかなかいないと思うんですね。
ただ、仮におっさんの行為が違法だ、次の駅まで行けば駅員さんやら警察に引き渡せる、となれば、オカシイ人を止めようって人も今よりは増えるのではないかなぁ。

俺は知らなかったんですが、妊婦さんに限らず配慮が必要なら誰でもつけられる「ヘルプマーク」ってのがあるらしいんですね。

だからその、マタニティーマークを付けている妊婦さんとか、ヘルプマークを付けている配慮が必要な社会的弱者に対して暴言を吐いたり、露骨な嫌がらせをするようなヤツに名前を付けて・・・なんだろ、「痴漢」に対して、卑怯な、卑劣な、「卑漢」とか?
まぁ、名前は何でもいいんですけど、そんなんをつけて、大々的に撲滅キャンペーンをやる、と。そうすれば、世間の雰囲気が変わって、ホントにしんどい思いをしている妊婦さんが、マタニティーマークをつけるのに躊躇するなんつーわけのわかんない状況も少しは改善されるんじゃないですかね。

もちろんその、「卑漢」の定義であったり、どういう状況なら駅員さんも「卑漢」として引き取れるのか、逆にマタニティーマークやヘルプマークの悪用を防ぐとかね、いろいろ問題はたくさんあると思います。

ただねー、それくらいしないと、もう、状況が良くならないような気がする。


本来はいい人の方が多いはずなのに、
ごくごく一部の、声が大きいオカシイ人がやたらと目立つのは、
いい人が行動を起こすための雰囲気なりルールが無いせいなのではないかと。
もういっそ、いい人が行動を起こしやすくなる法律作っちゃって、
一致団結してオカシイ人をどうにかするしかないんじゃないか、と。

そう思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

comic1.png

久しぶりに4コマ描いてみました(笑)
ちいの毒舌と、あんの武力が合わさると無敵です(笑)
ネタをひねり出そうとすると字が増えるのは、良くないクセだな~・・・

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク




nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

おっさんと見れば変態と思いやがって、と思うのは俺がおっさんだからなんでしょーよ、そーなんでしょーよ! [ニュース読んでみて]

6月6日のJ-CASTニュースの記事、4歳女児のオムツ替えて逮捕 「親切でやって逮捕?」「いや、やったら駄目」という記事です。

東京都足立区内で女児(4)をコンビニまで連れて行ったとして、容疑者の無職の男性(38)が警視庁に未成年者誘拐の疑いで逮捕されたそうです。男性は、オムツを替えていたといい、ネット上で、逮捕に賛否両論が出ているんだとか。

詳細は元記事を読んでもらうとして、無理に記事を4点でまとめると、こんなかんじ。

・5月14日、遊んでいた女児(4)に男が声をかけ、コンビニに連れて行き、お菓子を買っておむつを取り替えた
・帰宅後に、女児の母がつけているおむつの銘柄が変わっていることに気づき、発覚
・6月3日に男は竹ノ塚署に逮捕された。ネットで逮捕されたことに賛否両論
・公園を管理していた会社は、「不審者情報は聞いていない」

ふーん。


あの、まぁ、前提として、無職の男性の行動がちょっとおかしいよな、という部分はあると思います。
女児がトイレに行きたくて困っているみたいだから、トイレに連れて行ってあげる、くらいはまぁ分からなくもないですけど、お菓子買ってあげたり、オムツ替えるまでするかなぁ?でもトイレ一人でできない子なら、そこまでやってあげることもあり得る?でも見ず知らずの子になぁ・・・

と、いう違和感はなんとなくありつつも。

誘拐の容疑で逮捕というのはちょっと違うんでねーのか、とは思うんですよね。

あの、以前に、女子高生が男に連れまわされて男が逮捕、みたいな記事について書いた時は、警察が男逮捕したのは正しい!って趣旨で書いたんですが、今回はまた違った話なのでね。

決定的に違うのは、今回男が逮捕されたのは女児が帰ってきた後だ、ってことですよね。
結果論に過ぎないけども、オムツを替えられたとはいえ、10分かそこらで解放され、イタズラやらレイプとかをされたわけでもなく、何ならお菓子買ってもらって、無事に帰ってきている。
これが例えばずっと連れまわしてまだ帰ってきてないとかなら、仮に性的なイタズラとかをされているとかの状況が無かったとしても、逮捕すべきだとは思うんですよね。
何があるかわかんないから。殺されたりする可能性もあるわけだから。

ただ、もう帰ってきてて、なにもされてなくて、それでもなお逮捕、ってのはどうなのか・・・
オムツを替えたから逮捕、ってんなら、誘拐ではなくてわいせつ的な容疑で逮捕されるんじゃないの?違うの?

なーんかね、母親があいつ気持ちわりーから逮捕しろってギャーギャー騒いだんじゃないの?と、いう気はしてしまうなぁ。
スポーツ・ニッポン電子版の、以前から公園で女の子にちょっかいを出すことで知られていたっていう報道も、相当悪意を感じるよな(笑)
まぁ、周囲のお母様方にインタビューしてそういう話が出たのかもしれないけど、ただ子どもが好きで、ちょっとこうじゃれるというか、遊んであげてただけかもしれないじゃないですか。

や、分かりませんけどね。男性は普通に子供好きなのかもしれないけど、もしかするとロリコンの変態だったのかもしれない。
ただ、仮に変態だったとしても、今回の事例で逮捕ってのは違うんじゃないの、と思うんですよ。何にもしてないんだから。疑わしきは罰せず、は、法治国家の基本でしょ?

逮捕までしなくても、善意であってもあなたみたいなことすると、疑われちゃう世の中だから、今後気をつけなさいね、とかさ。そーゆー注意をする、で良かったんじゃないかと思いますけど、どーなんだろ?それくらいじゃ母親が収まりそうになかったのか?


帰ってきた女児がすごくおびえてるとか、様子がおかしいなら話はちがうけど、
普通にもどってきた女児を、10分かそこら連れまわしたからってさかのぼって逮捕するのはありなのか?
何らかの事情があって目を離すこともあるかも知れないし、子どもの行動圏内に知らんおっさんがいるのは不安かも知れないけど、
不安だからってなんもしてないおっさんを逮捕ってのはいくらなんでも理不尽でないかい?
法治国家としてそれはどうなの?

と、思った、という話です。

まー、こーゆー世の中だから、オムツなんか替えるなんてアホか、って気はしますけどね~。
お母様方の不安は分からなくはないけど、でも、警察が動いちゃいかんよな・・・って気はするな。逮捕はやりすぎじゃねぇ?

まぁ、おっさんである自分の、自衛の意味もあります(笑)

スポンサーリンク




nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog