So-net無料ブログ作成
検索選択

「クリぼっち」が定着することが少子化の原因ってのは、あると思うなぁ [ニュース読んでみて]

12月25日のヤフーニュース個人、「なぜ『クリぼっち』という言葉まで作って、クリスマス商戦を盛り上げようとするのか?」という記事です。

記事を無理にまとめるとこんな感じ。
・今年はデパートや百貨店が、「クリぼっち」向けの商品を充実させている。
・バレンタインやクリスマスの、スリル感やドキドキ感は減少している
・人間は、「クリスマスまでに恋人が欲しい」等の期限やプレッシャーがないと、なかなか行動しない
・「クリぼっち」が定着していけば、若者から肉食的な感性が失われ、少子化が進んでいくことだろう


わはははははは。


いや、それはそうかもなぁ、と思ったな。つまり、クリスマスは恋人と過ごす、という部分の意味合いが失われていくと、そこまでに恋人を作る!と思う男女が減っていく、ということについて。
大体が、他のことでもそうじゃないですか。期限切られてない仕事は後回しにしたりとか、さ。クリスマスは恋人作れ!というプレッシャーは、もちろん企業が儲けるために作り出した価値観かもしれないけど、結果的に少子化対策にもなっていた、ということか・・・

まー、結婚が絶対の価値ではないけれども、少子化対策ってことを考えたら、ねぇ。

例えばそれは、昔であれば社会からのプレッシャー、何歳になったら結婚しなきゃとか、結婚できなければ行き遅れと世間から責められるとかさ。
分かんないけど、国によっちゃ宗教的な縛りで結婚のプレッシャーがあったり、もするんじゃないかな?
結婚しろっつープレッシャーがあるのがいいか悪いかの話はまた別ですよ。少子化対策のシステムとして考えたときに、ということです。


んで、ね。


個人の幸せは別として、国とか社会としては、結婚して、子ども作ってくれた方が人口も増えて発展していくのはそれはそうなんだから、なんらかのプレッシャーをかけて結婚させようとするんだと思うんですね。
プレッシャーとは具体的には、社会からのプレッシャーとか、宗教的な、とか。それにより結婚を促されることがあった、わけでしょう。
んで、近代日本ではそれらに並んで企業が仕掛けるバレンタインとか、クリスマスとかの、各種イベントがあった、と。

それがまぁ、結果的には結婚・出産を促し、社会を発展させるのに寄与してきた。ところがそーゆープレッシャーが力を失ってきて。結果、プレッシャーが無くなって行動を起こす若者が減り、少子化にもつながる、ってことなんじゃないですかね。

もちろん少子化の原因がこれだけってことはないでしょうけどね。原因の一部としてはありうる、と思うなぁ。


で、さらに。


逆に言うと、今後景気が良くなったとしても、よっぽどうまくやらないと少子化に歯止めがかかんないんじゃないか、って気もするんだよな。

つまり、

この年にまで結婚しないと行き遅れ、という社会のプレッシャーが力を失い。

宗教的なプレッシャーはまぁ、日本ではもともと薄いかな。

さらに、企業がバレンタインやクリスマスなんかの仕掛ける各種イベントも、一人でも楽しめるようになったりして。

そんな状態で景気が良くなったところで、個人が個人の楽しみを追求するだけで、別に結婚・出産が劇的に増えるってことはないんじゃないだろうか。
まぁ、不景気な状態よりも増えるとは思いますけどね。日本政府が目指す水準に行くんだろうか。


要するに、今回の記事を見て、
なんとなくこう、少子化の原因は不景気で、なんて思ってたけれど、
いろんな意味でプレッシャーのかからない社会になっている、ということも原因としてあって、
不景気が解消されたとしても、
そのプレッシャーも復活させないと少子化って解消されないんじゃないだろうか。

プレッシャーの復活って、昔からある社会的、文化的なプレッシャーが力を失ってるんだから、
相当うまいこと社会をプロデュースできないと、
プレッシャーはきっと復活しないよなぁ。

どうやら、現代日本における少子化の解決って、相当大変そうだなぁ。

と、思った、という話です。

はーぁ、寝よ。

スポンサーリンク





久しぶりの更新+ドーティシリーズ+クリスマス [ぼやき]

お久しぶりです(笑)
やっぱ年末は忙しいですね~

久しぶりの更新で、ドーティシリーズ、しかもオリジナルの。楽しんでいただけますでしょうか?

はい?クリスマス?聞いたことないな、俺は。

comic1.png

えぇい、ちい、どうしようもないとか言うな!
・・・・・・泣くぞ!

はーぁ。昼寝しよ。

もしこのブログ、ってか4コマに興味持ってもらえたら、ぜひ4コマのキャラのプロフィール見てみてください!
http://yurinti.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305355943-1
あの、彼らを好きになってもらえるととてもうれしいです。

スポンサーリンク





ヌーハラ騒ぎってつまり、炎上だよね? [ニュース読んでみて]

2016年11月29日のITmedia online、「『ヌーハラ』報道に目くじらを立てる理由」という記事です。


元記事を無理矢理にまとめるとこんな感じ。


・少し前に日本人が麺類をすする音を外国人が不快だと感じるという「ヌーハラ」が注目を集めた
・ヌーハラ騒動の発端は、「戦争法廃止の国民連合政府応援隊」というツイッターアカウントで、外国人観光客からクレームがきたとか、海外の新聞で指摘されたとかではない
・単なる「風説」を、「議論」にまで煽り立てるマスコミの軽率さに背筋が寒くなる。
・海外でも「風説」による悲劇は多々おきているし、過去日本でも「風説」が原因で外国人が襲撃されたりする事件があった。




あ、そう・・・




いやー、ヌーハラ報道って、騒ぎになってる時からくだらねーくだらねーと思ってたけど、まさかここまでくだらねーとは思わなかったなぁ。
そりゃーテレビや新聞から離れるわね、若者は。そしてそれはとても、正しいということではないですか。


俺が思ったのはね、こんなもん、ネット上の「炎上」と何が違うんだろう、ってことで。


ネットの炎上の場合と、今回みたいにマスコミが作る風説、そのもとになるもの、なりやすいものはそれぞれ違うのかもしれないけど、起こっていることは同じじゃないか?これ。


つまり、炎上の場合は何か炎上のもとになるものがあり、それに対してものすごくたくさん否定的なコメントがついたり、炎上のもとになった書き込みをした人の家が特定されたりするわけでしょ。でも実際に書き込んでいる人の人数はものすごく少なかったりしますよね。で、大部分の人はしょーもね、と思いながら見てたりする。


マスコミの今回みたいな風説の場合でも、今回はヌーハラがもとになったわけですけど、否定的なコメントを著名人が出したりして、それを見たそば屋さんが外国人お断り、っていう張り紙をしたりするかもしれない。著名人は何回も掲示板に書き込みしたりはしないわけですけど、影響力って意味では何回も書き込みする人に劣るってこたないでしょ。で、俺を含めた大部分の人は、しょーもね、と思いながら見てたりする。




構造が一緒じゃん、と。
マスコミと、ネット上の暇人と、やってることが一緒じゃん、と。




そう考えると、「炎上商法」って言葉ができたのは最近かもしれないけど、「炎上商法」って昔からあったんだなぁ。
炎上して一般人が吊し上げ食らったりすると、ニュースとかで行き過ぎた正義がどうのこうのとか言いだしますが、どの口が言う、って感じですな(笑)


と、言うか、ネット上の暇人は、炎上騒ぎを起こすときは一応正義感から個人や企業をたたいたりするわけですけど、マスコミの場合は完全に金のためですからね。そう考えると、マスコミよりネット上の暇人の方がまだマシな気がする(笑)


ネットの炎上商法って、叩いてる人は儲かりませんからねぇ。芸能人とか、企業とか、叩かれてる側に注目が集まって、なんかいろいろお金が発生するわけですけど。
マスコミは炎上の材料自分で見つけてきて、叩くのも自分でやって、自分とこが儲かるわけでしょう。大きいメディアは強いですね~、やっぱり。




で、ね。




記事の中にもありましたが、狙ってこういう風説を起こす輩が現れたら、という心配がある、と。
確かに可能性はあるよなぁ、炎上商法だって嘘か誠か狙って炎上起こす人とか企業もいるらしいし。炎上芸人みたいな人だっているわけだし。


今回風説として広まったのは、ヌーハラなわけですけど、まぁしょうもないのはもちろんなんですけど、変な話しょーもな、で済む話なわけじゃないですか。
良く知りませんが、もしかするといやな思いをした外国人観光客はいたかもしれないけど、とりあえずそれほど大きい事件は起きてない、でしょ。




ってことはつまり、今回の騒ぎはマスコミが「ヌーハラ」という、暴動とか襲撃事件が起こらないような軽めのネタを使って、炎上(風説)騒ぎを起こし、ちょっとした小遣い稼ぎをした、という考え方はどうでしょう。




何が言いたいかってーと、今回の記事の中で著者が心配していた、日本のマスコミはウブで、元ネタがいい加減なものでも煽り立てて議論にしちゃう、ということに関して。
いやいや、今回マスコミはちょっと軽めの炎上騒ぎで小遣い稼ぎをしただけで、そんな大きいことを煽ることはしないんじゃないか?とも、ちょっと思う、ってことです。


公共の電波を使って炎上騒ぎ起こして小遣い稼ぎなんてけしからん、って話は別の話としてもちろんあると思いますけどね。ちゃんと全部わかったうえで、あんまり影響のない内容で、炎上騒ぎを起こしていたのではないか、と。




いやー、そんなことないのかなー。日本のマスコミは、ウブで、アホで、金の亡者なのかな~。




でもさ、例えば炎上芸人とか言われる人でも、炎上騒ぎがあんまり大きくなりすぎて自分の仕事がなくなっちゃ困るから、騒ぎになりつつ、でも仕事はなくならない、という絶妙なところで炎上を起こすわけですよね。まぁ、たまに加減を間違えて仕事なくなっちゃう人はいますけど。


それで行くと、今回マスコミが何にも考えずに煽って議論にしてるんだとしたらさ、やってることとか、考えてることが炎上芸人以下ってことですよ?


炎上芸人なら、もちろん自分の仕事がなくならないようにとか、極力誰かを傷つけないようにとか、考えてるはずですよね。
マスコミの役割と芸人の役割は違うから、全く同じ考え方で動くのは無理だろうけど、まーせめて炎上芸人より考えてることの総量は多くあってほしいよな~。誰かを傷つけないとか、さ。


・・・




・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・無理かな~、マスコミのが何にも考えてないかな~!


極論、マスコミって戦争になったって儲かるもんな~!


多分マスコミはどうでもいいんだろうな、心底。風説によりどんな被害が起ころうが、どんな影響が発生しようが。
炎上すればするほどもうかるんなら、そりゃどんどん燃料投下するわ~!




「ヌーハラ」なんかどうでもいいと思ってたけど、
これってつまり、マスコミが起こした「炎上」じゃない?
マスコミが炎上芸人以下ってこたないだろうから、
記事の著者が心配することは起こらないんじゃないかな~、と思ったけど、
やっぱり起こりそうな気がするわ~!
むしろ炎上芸人の方が良心的だわ~!


と、思った、という話です。


結局受け取る側が感性を磨かないとしょうがないんですな・・・


はーぁ、寝よ。


スポンサーリンク